まっすぐな線を引きたい

簡単そうで実は難しいまっすぐな線

字が上手くならない原因の1つにまっすぐな線が引けないことが考えられます。以前紹介したペン字の基礎の基礎本では、キレイな字を書く条件の1つに、

  • “まっすぐな線”をきれいに引くことができる

が挙げられています。また、ユーキャンのテキストにも、文字が上手くなるとっておきの方法として、

  • 直線を引くトレーニング

が載っていました。

文字は線が組み合わさってできたもの。極論ですが、要は思い通りの線が書ければキレイな字が書けるのです。でもそれができないから練習が必要なんですよね。

まっすぐな線を引く難しさ

言うは易く、行なうは難しで、フリーハンドで直線を引くと自分の意思とは関係なく右へ左へとブレてしまうものです。

私の場合、たとえ罫線の上をなぞったとしても、いつの間にかはみ出てしまう始末。今の段階では、淀みなくまっすぐに伸びる線を引くコツがさっぱり分かりません。今まで基礎練習を怠ってきたツケが今になって響いてます。

はじめてみよう、基礎の基礎

調べてみると、線を引く練習には直線を書く手法だけでなく、

  • 「の」の字を書く
  • ひし形を書く

などのパターンがありました。それぞれに上達するエッセンスがあるようです。全部取り入れるときっと続かないだろうから、今回は4つに絞ることにしました。

タテ線

タテ線を引く練習。「は」「ほ」「れ」などが上手に。

ヨコ線

ヨコ線を引く練習。「ま」「き」などが上手に。

「の」の字

手首を柔軟にする練習。右回りの曲線は、「の」「め」「あ」左回りの曲線は「さ」「せ」が上手に。

二重丸

字と字のバランス感覚を養う練習。「わ」「の」「ひ」「る」などが上手に。

しかしこれはひどい。まるで統一性がない。

地味で、単調で、すぐに結果が出ない飽きやすい練習ほど大切なのは分かっているけど上手く続いた試しがありません。とりあえず1ヶ月間は取り組んで、同じ練習内容をアップしたいところです。続くかな。

関連エントリー
1ヶ月まっすぐな線を引いてみた
1年間まっすぐな線を引いてみた
スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます

コメント

  1. なつき より:

    はじめまして、こんにちは(`・ω・´)
    今日このブログをみつけちゃいました!^^
    最近、ペンの正しい持ち方できるよういろいろ模索してて、
    最終的には綺麗な字を書けるよう
    utaさんのHP参考にさせてもらっています!
    濃い内容ですごいタメになります~☆
    早速ブクマさせてもらいました(笑

  2. uta より:

    なつきさん、はじめまして。
    このブログもすっかり不定期更新になってしまい、閑古鳥が鳴き始めました・・・(笑
    それでも細く長く続けていけたらいいなと思っています。
    ブックマークありがとうございました。

    初見のブログにわざわざ時間を割いてまでコメントを書き込むには、相当な意志が必要だったのではと推察いたします。
    10/2の綺麗な字を書きたい強い志をどうぞ大事になさってください。

  3. 123年4月5日6時7分 より:

    正しく鉛筆を持つようになりました。
    今回初めてブログをやりました。