一ヶ月まっすぐな線を引いてみた

は、はやい。「まっすぐな線を引きたい」の記事を投稿してからもう1ヵ月が経ちました。

このサイトで「やります宣言」をしたのがよかったのか、サボらずに続けることができて一安心。そして、なんでもっと早くにやらなかったのかと少し後悔。

Before & After

タテ線

タテ線

1ヶ月前

1ヵ月後のタテ線

現在

ヨコ線

ヨコ線

1ヶ月前

1ヵ月後のヨコ線

現在

二重丸

二重丸

1ヶ月前

1ヵ月後の二重丸

現在

二重丸を書くのは、「キレイな曲線と字配りの感覚を養うための練習」ということを今思い出したわけで、やはり目的意識を持って取り組まないとダメみたいです。変わりなし。

まっすぐな線を引くコツみたいなもの

自分の感覚を言葉に変換するのは苦手で伝わるかどうか。

  • 力を込めて書くのではなく、紙を撫でるように滑らせる。
  • ペン先で書くというより、肘で書く意識を持って。

結局は練習量の問題で、やった分だけ伸びるものだと思います。

気のせいか、自分の書く字にイライラすることが減りました。やっぱり基礎練って大事なんですね。線がブレにくくなるだけでこんなにも練習の満足度が上がるとは思いませんでした。

ぼーっと考え事をしながらでもできる練習ですから、ふと思ったときにでも試してみてはいかがでしょうか。

関連リンク
1年間まっすぐな線を引いてみた
スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます

コメント

  1. LAVENDER より:

    こんばんは。
    ときどき見せていただいていましたが
    コメントするのは初めてです。
    ブックマークリンクもありがとうございます。
    まっすぐな線を引くことは、私も以前
    やりかけましたが10日続かないで
    やめてしまったでしょうか。
    でも、1ヶ月続けることでこれほど効果が
    出るのかということを見せていただきますと
    またやってみようかなと思いました。
    良い実例紹介をありがとうございます。

  2. uta より:

    LAVENDERさん、はじめまして!
    お母さんブログ、子どもさんブログ共にちょくちょく拝見しておりました。
    習いたての頃と比べると、ほんとにうまくなりましたよね。継続が力となっている良いお手本だと思います。

    この基礎練は、いわゆる「準備体操」みたいなもので、前もってやっておくと練習に張りが出る効果がありました。
    やってみる価値はあるかもです。
    ちなみに、タテ線は、肘をたたむようにして手前に引くと良いらしいですよ(他所のブログに書いてありました)。