お手本を原寸大、且つキレイに印刷したい(続き)

はじめにまとめ

  • スキャナの取り込み設定は350dpi。
  • セブンイレブンのネットプリントを利用しよう。

作業自体はそんな難しくもなく、スキャナで取り込んだ画像をゴミ取りして、切り貼りするだけでした。

スキャナの取り込み設定(失敗例も含めて)

そんなこんなで出来上がったお手本。モニタ上では原寸大の大きさとなっています。これをそのまま印刷すると、

意図していない印刷結果

用紙サイズに合わせてのっぺりと引き延ばされてしまいました。考えてもみれば当然の成り行きなのに、この時のがっかり感といったらもう。最初の失敗でした。

次に、A4サイズで新規作成したファイルにお手本の画像を埋め込んでから印刷すると……

意図していない印刷結果

ですよね。解像度が低いんだから、そりゃ小さくなりますよね。また失敗。

調べてみると、印刷する場合は、300dpi以上でのスキャンが推奨のようです。全てが振り出しに。とほほ。

……1時間後、印刷に耐えうる解像度でお手本を作成し、次の段階へ。

キレイに印刷する方法

うちのプリンタは、今年で8年選手となる年代モノですが、ガッコンガッコンと唸りながらも快調に印刷できます。まだまだ現役です。しかし、印刷の品質はお粗末なもので、

家庭用プリンタで印刷した場合

元データと比べると、線が若干太くなってしまい、全体的に滲んだようにも見えます。

どうせ買い換えるなら、高品質で印刷できるレーザープリンタが欲しいなぁ。でも、導入に必要なコストと使用頻度を踏まえると、どうも食指が動きません。

と、ここで先週ブックマークしておいたセブンイレブンのネットプリントサービスがふと頭をかすめました。

ネットプリントとは

インターネットを介してネットプリントセンターに登録した文書ファイルが、全国のセブンイレブン店頭のコピー機からプリントできるサービス。

これは素晴らしい。月に数回しか印刷しない人間には、とてもありがたいサービスです。しかも機種はレーザープリンタ、白黒印刷であれば1枚20円! 利用しない手はありません。早速ファイルをアップロードし、最寄のセブンイレブンへ。

コピー機の端末をピッピと操作し、印刷してみると、あれあれなぜだろう、原寸よりもわずかに縮小されてしまいました。とんぼ帰りでまたまた調べてみると、どうやらコピー機側の仕様のようで。原寸大で印刷するには、CLIPというサイトのプリントサービスを介してアップロードしなければならないようです。

なんだかんだで、色々と遠回りした結果、

レーザープリンタで印刷した場合

こんな感じに。

注視して気になってしまう部分は、並べ立てると切りがないので、これで良しとします。字典の線質に限りなく近い状態で仕上がりました、ということでやや強引に幕引きです。

おわりに

改善後の環境

これでやっと字典のページをめくる煩わしさから解放されます。いくらポストイットで印を付けたとはいえ、一字ずつ引き直す日課が長く続くとさすがに億劫になり、そのせいで敢えて字典を使わない日が多々ありました。

ペン字において「楽して上手になる方法」は、やはり書き続ける以外に他がなく、それが本筋であり、正攻法だと今になって実感しています。現状を変える一発逆転のようなやり方は、どうやらないらしい。

それじゃ、他に工夫する余地は残されていないのかと言うとそうでもないようです。例えば、書きよい環境づくり、つまり「楽して努力できる方法」といった観点からアプローチしてみるのはどうでしょうか。

  • 強制的に練習できる場所に行ってみたり
  • 自分の肌に合うペンや紙を探求したり
  • 同じ趣味を持つ人と切磋琢磨してみたり

単調な道ばかりでは飽きますからね。たまには来た道を振り返ったり、道端に目を向けると興味を引く「何か」を発見できるかもしれません。

使用したソフト・ハード

スキャナ
EPSON GT-7400U
厚みのある本でも満遍なくスキャンできるCCD方式。値段も手頃でした。ネットプリンタは600dpi対応ですが、350dpiで取り込んでも何ら問題ないと思います。
画像加工ツール
Photoshop7.0
取り込んだ画像からゴミを取ったり、切り取っては貼ったり。文字を適宜配置するためのソフト。
縮小ツール
Yukari
高品位でリサイズできるソフト。課題文の文字数に合わせて微妙に大きさを変えたいときに。

おまけ

各コンビニに設置されたコピー機のメーカーは、

セブンイレブン
富士ゼロックス
ファミリーマート
東芝テック
ローソン
キヤノン
サンクス
シャープ
am/pm
リコー

となっているそうな。そして巷の噂によると、セブンイレブンが用紙・印刷の品質共に良好とのことです。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます