フランス製のBICボールペンは書き味が良い?

油性ボールペンの難点といえば、インク溜まりが引き起こす「ボテ」や「カスレ」です。

その中でも、「メイド・イン・フランス」のBICボールペンだけはダマ知らずの別物らしく。

参考リンク)BiCのボールペン(4) – Stone penji

『ペンの光』2012年12月号

手持ちの競書誌では、過去にいちどだけBICボールペンを使用した手本を確認できました。これもフランス製なのでしょうか。ねっとりインクでここまで書けるのが驚きです。

ただ、現在入手できるBICボールペンのほとんどは中国製に移行してしまったようで、入手難易度が激高となっています。私も使ってみようと思ったのですが、透明軸が特徴であるフランス製のBICボールペンは、どの店頭にも置いていませんでした。

仕方なく、軸に「CHINA」と刻印されたBICボールペンを手に入れましたが、期待した結果は得られず。

公式サイトでは、「独自の『イージーグライドインキ』によって、従来品よりインクの滑らかさが上がった」とあります。それでもジェットストリームのような低粘度インクと比べると書き味は重く、昔ながらの油性ボールペンです。

リフィルが交換できない使い捨てタイプのため、ペン先とボディが一体化しています。ノック式の多色ペンと違ってペン先のぐらつきを感じませんでした。

中国製だとペンの入りと抜きに合わせてボテが出やすいです。やはりフランス製でないとダメなのでしょう。

かつて、ドクターグリップに搭載されていた優秀なインク「A-ink」も、低粘度油性のアクロインキに取って代わりましたし、今後はサラサラとした書き味のボールペンがますます売り場を席巻しそうです。

入手困難なペンを挙げるだけではアレなので、あまり注目されない油性ボールペン繋がりで、もう一本紹介します。

セブン&アイのオリジナルブランド 油性ボールペン 0.5ミリ

2012年5月頃から発売しているセブン&アイのPB商品に油性ボールペンがあります。

ステンレス製で、持った感覚ではやや重量感があります。

軸のカラーバリエーションは、

  • ブラック
  • ブルー
  • ピンク
  • イエロー

4色ありました。

製造元
プラチナ万年筆
商品型番
BSS300L#21
替芯型番
BSP80A

と記載されています。価格は288円(税込)

セブン&アイとプラチナ万年筆が共同開発して、製造はプラチナ万年筆が担当しているようです。

書き味は、いたって滑らかで低粘度タイプのように感じました。インクの色も黒々として見映えがします。

急な入り用で近くのコンビニで即買いした割には書き味がなかなか良く、商品名が書かれたシールを見ると国産万年筆メーカーが記載されていて2度驚きがあるという、そんな油性ボールペンです。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます