封緘印という一手間

誤って開封されることがないよう、封書の機密性を保つために押すハンコが封緘印(ふうかんいん)です。

会社によっては、重要な書類が入った封書に緘印が使用されています。

封緘印を押すことで「この書簡を大切に扱っています」というメッセージ性を帯びますが、私の場合は単にハンコをぺたぺたと押印したいがために使っています。

見慣れた封筒に箔がつくようで、よそ行きの装いへと様変わりする点で使いがいを感じます。

封緘印というジャンルがマイナーなのか、シリーズ商品として扱っているのは私が知る限り「なごみ文具」だけです。あとは個人で掘っている方がほとんどのようです。

なごみ文具の封緘印シリーズでモチーフとなっているのは、

  • 白狐の守神
  • ガン(渡り鳥)
  • 一対の鯉
  • 茶つぼ

など、それぞれの模様に封書をお守りする意味が込められています。

付属品の図案解説によって封印する作業にも気持ちが入ります。

住所印も機会さえあればつい押印したくなるハンコのひとつです。

「せっかくペン習字を習っているのだから横着せずに手書きしろよ」という心の声と葛藤しつつ、スタンプ台をしまった引き出しについ手が伸びてしまいます。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます