折り目に沿って切れるからペーパーナイフ

ポストに届いた封書はハサミで開ける派ですか? それとも指でちぎって開ける派ですか?

私はというと、隙間に人差し指を突っ込んで引き裂く派でした。

すると、開き口は無残なことになります。見た目がひどいです。

さして重要ではないダイレクトメールならともかく、大事な書類まで無下に扱うのはどうかと思い直し、実用や所有欲も兼ねてひとつの憧れであったペーパーナイフを購入しました。

普段は右の「コクヨ / ペーパーナイフ 連続伝票用」を使っています。「刃幅が広い」ので刃で押さえながら裁断できる安定感があり、「両刃」の特性により利き手を選びません。ステンレス製でほど良い重量感、刃元には貝印のロゴが刻印されています。

左は「ケイ・コーポレーション レターオープナー」です。アウロラ樹脂っぽい模様が気に入って見た目買いしました。ほとんど観賞用です。

紙類専用の刃物といっても、刃はついていません。

折り目がついた部分は紙の繊維が弱くなっているため、刃を当ててちぎる要領で封を開けていきます。

ハサミやカッターで封を切ろうとすると、刃の切れ味が勝ってしまい、裁断部がいびつな切り口になりやすいのが難点です。

その点でペーパーナイフは折り目に沿って従順に進むので、まっすぐに紙を切り分けることができます。

紙をちぎったような柔らかな切り口となるのも魅力のひとつです。

ペーパーナイフで封を切る瞬間は、ハサミを使って開けるのとは違う独特の高揚感があります。

紙質が直に伝わってくる小気味いい裁断感や、一刻も早く中を確かめたい期待感などが交じり合って心が踊ります。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます