ペン習字の習慣づくりに役立つポモドーロ・テクニック

好きな時間に自分のペースで学習できるのは、通信教育の大きな利点です。

しかし、この利点には、いつでもできるからいつまでもやらない先延ばしの弱点も持ち合わせています。

そこで、ペン習字の習慣づくりに役立つ時間管理術をひとつ紹介します。

25分を一区切りとする考え方

ポモドーロ・テクニック

1990年頃にイタリア人のフランシスコ・シリロさんが考案した「ポモドーロ・テクニック」という作業の生産性を高める時間管理術があります。

やり方はいたって簡単です。

手順

  1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
  2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する。
  3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる。
  4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる。
  5. 後は上記を繰り返す。
ポモドーロテクニックとは - はてなキーワード

「25分間の作業 → 5分間の休憩」をひたすら繰り返すことで生産性の高い濃密な時間を過ごす仕事術であり、勉強法としても使えるのがポモドーロ・テクニックです。

この時間管理術は、ペン習字初心者にとって相性が良いように感じます。

練習の習慣がまだ身についていない人にとっては、強制的に物事をはじめるトリガーとして役立ちますし、集中力を鍛える訓練にもなります。

1ポモドーロが25分という点も、1セットの練習時間としては妥当ではないでしょうか。

やってみると分かるのですが、かなり体力を使います。

本気で集中力を維持できる時間ってそう長くないんですよね。

ポモドーロを回すツールの紹介

タイマーさえ手元にあれば、ポモドーロ・テクニックは簡単に実践できます。

アナログ編

25分間をカウントダウンできるタイマーなら何でも構いません。

身近にあるキッチンタイマーでも代用できます。

ただ、ポモドーロ・テクニックは5分の休憩をいかにしっかり取れるかがタスクを回し続ける肝になるので、タイマーを手にとっていちいち 25分の入力 → 5分の入力を繰り返すのは少し面倒かもしれません。

バイブレーションタイマー 24時間計
タニタ

Amazonで見る

その中でポモドーロしやすいタイマーとなると、私が勉強用にずっと使ってきたタイマーの後継機が適しています。

タニタのバイブレーションタイマーは、

  • 「アラーム」と「バイブレーション」を選べる機能がある。
  • 25分間のカウントダウン設定を繰り返し使える。
  • カウントダウンが終わり次第、自動的にカウントアップが始まり、5分間の休憩時間も測れる。

バイブレーションの持続時間は5~60秒の間で設定でき、このタイマーひとつでポモドーロ・テクニックをほぼ自動化できます。

Webサービス編

私が使いやすいと感じたポモドーロ・サービスを2つ紹介します。

Timer | Marinara by 352

Pomodoro Method Style Time Management Tool

ポモドーロ・テクニックを忠実に再現できる外国のWebサービスです。

トップページにある「トマトのアイコンボタン」を押してページ移動した後、「START POMODORO」を押すと、4ポモドーロ(約2時間)を自動的に計測してくれます。

作業25分 → 休憩5分 を4セット行い、最後の休憩時間は15分と長めになっています。

ニシコクラウド

245cloud(ニシコクラウド)

ネット上で再生できる音楽サービスと連携して、BGMをかけながらポモドーロを回せるWebサービスです。

SNSの要素も含んでいて、他の人がポモドーロを回している様子から作業に適したBGMをそれとなく知ることができたり、「私もやらねば」と発破をかける効果もあったりします。

※利用するには、フェイスブックアカウントによる認証が必要になります。

他にも、ポモドーロ・テクニックに特化したスマホ用アプリがいくつか出ているようです。

  • ポモドーロ アプリ iphone
  • ポモドーロ アプリ android

といった検索キーワードから探してみてください。

ポモドーロを上手く回すコツ

ここからは、ペン習字に限らず、あらゆる作業をポモドーロ化して着実に消化するコツを紹介します。

5分の休憩でいかにリフレッシュできるか

  • 軽いストレッチ
  • 甘いモノを頬張る
  • 室内の空気を入れ替える

自分にとってのガス抜きになるなら何でも良いです。

今までしてきた作業のことはいっそ忘れて、頭の中を空っぽにするくらいの気持ちで息抜きしておくと、次のポモドーロに入る際も新鮮な気持ちで集中して取り組めます。

最近、コロコロチキチキペッパーズというお笑いコンビの卓球ネタがやたら耳に残っていて、独特の決めポーズ(ッサー!じゃない方)を何の気なしにやってみたんですよ。

そしたら、首筋がすっごくよく伸びるし、肩甲骨もよく動いてこれは良いストレッチになるなーと。合わせて、あの変顔も全力でやってみると、何か吹っ切れた気分になってシャキッとします。

個人的に、ポモドーロ・テクニックのコツは、気分転換のやり方に集約されているような気がします。

ポモドーロ回数に上限を設ける

だらだらとポモドーロを回し続けること(だらぽも)は、残業を見越して仕事をするくらい生産性の低いやり方です。

作業している感覚が欲しくて「だらぽも」してしまうくらいなら、ポモドーロの回数を決めて取り組んだ方が絶対にいいですし、その方が進捗度は上がります。

ポモドーロ毎に集中できたかをチェックする

これも「だらぽも」を防ぎ、コンスタントに集中力を維持するコツのひとつです。

作業日誌をつけている人でしたら、「現在のポモドーロ回数」をタスク名の隣に記し、集中できて取り組めたポモドーロには赤丸をつけ、そうでなかったときは青丸をつけておくと、その日の夢中度や集中力のムラが分かります。

締切があると人は頑張れる

ここ数年は「ほぼ日手帳カズン」を使っています。

1ページ目の空白部分には必ず、今年1年を過ごすにあたって何度も目にしておきたい言葉を1つだけ、書くようにしています。

「人が本気で行動できるのは、やるべき事を期限付きで決断したときだけ」

強固な意志で物事を続けられるならそれに越したことはありませんが、常に高いモチベーションを保つのは本当に大変なことです。

個人的には根性だけでやり切るよりも、「やる気を持続させる仕組み」を意識した方が無理なく継続できるんじゃないかと思っています。

年間目標は、前期と後期のゴールを決めた方が達成しやすく、

さらには、四半期(3ヶ月おき)のゴールを決めた方がなお達成しやすく、

さらには、1ヶ月ごとのゴールを決めた方がなお達成しやすいです。

目標を達成する秘訣は、「今この時間に何をしなければならないか」を知ることです。

1ヶ月の目標は、週ごとのステップに分けた方が分かりやすくなります。

週ごとの目標は、曜日ごとのステップに分けた方が分かりやすくなります。

曜日ごとの目標がその日のTODOリストになり、その時間に何をやるべきかが分かります。

そして、その時間にやるべきことは、ポモドーロを回すことで消化できます。

締切の期限を設けることで人は頑張れます。

ポモドーロ・テクニックは、どちらかと言えば、やりたくないタスクを着実にこなしたいときに使える時間管理術です。

おわりに 1年の計はポモドーロ習得にあり?

集中力が極まっている状態をスポーツ選手は「ゾーンに入った」と表現するそうです。

せっかく作業に集中しているフロー状態に入っているのに、それをポモドーロによって区切られるのは、ペン習字の習慣が身についている人にとって逆効果になるかもしれません。

でも、もし1日中ペン習字に没頭したい衝動を実行に移すなら、このポモドーロ・テクニックは大いに役立つはずです。

5分間の休憩でしっかりガス抜きできるようになると、どんなにポモドーロを回しても大して疲れず、「このままどこまでも突っ走れるんじゃないか」という感覚がたまにやってきます。

ポモドーロ・テクニックにおける「ゾーンに入った」があるとしたら、おそらくこの状態なのだと思います。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます