『書蒼』という競書誌

競書誌『書蒼』

『書蒼』は日本書蒼院が発行している、書道とペン習字双方の課題に取り組める競書誌です。

『書蒼』で学べる課題

ペン習字の技術向上に寄与する競書部門は、

  • ペン習字の部
  • 実用書道の部
  • かな半紙の部

などがあり、各部門で級位に応じた課題が用意されています。

その他の毛筆課題としては、

  • 仮名条幅の部
  • 漢字条幅の部
  • 調和体条幅・半紙の部
  • 漢字半紙の部

といった部門があります。

級段位は、学生の部・一般の部に分かれ、後者は「10級~1級、初段~八段、師範~教授」 といった構成になっています。

1級からの昇段には、年3回の昇段試験を受験する必要があります。

『書蒼』ひとくちメモ

書道を主軸とする競書誌のペン習字部門は、手本を執筆する先生によってその書きぶりがマチマチで、初学者にとっては習いづらい傾向にあります。

『書蒼』を発行する日本書蒼院では、理事長(谷蒼涯先生)、副理事長(岡田崇花先生)がペン習字に関する教本を数多く出版しており、また硬筆字典も一般書店で入手が可能です。

ペン習字の分野にも精通している『書蒼』は、通信講座「55段階ボールペン字講座」の次ステップとしてもふさわしいことから、このサイトでも取り上げました。

『書蒼』 かかる費用について

誌代
毎月560円 + 送料100円
半年分の前納が必要
指定用紙
1冊50枚とじ 各種200円~500円
添削指導料
作品1点につき300円
月例課題の肉筆手本
1点につき1,000円
編入制度あり
一部門につき 審査料 1,000円

『書蒼』見本誌の請求先

日本書蒼院 入会要項

『書蒼』のサンプル(PDF)

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます