『ペンの力』という競書誌

競書誌『ペンの力』

競書誌『ペンの力』

『ペンの力』は日本書道教育学会が発行している競書誌です。

『ペンの力』で学べる課題

昇級・昇段が関係する規定部では、2つのコースに分かれ、習う目的に応じた課題が用意されています。

普通コース(10級~五段)
ペン習字の基本を身に着けたい人
楷書・行書によるタテ書き、ヨコ書き
専攻コース(10級~会友)
技術だけでなく、芸術性、書の知識などの習得を目指す人
古典の臨書など

※両方のコースへの出品は不可

そのほか随意課題として、

  • 写経
  • つけペン
  • 筆ペン
  • ボールペン

それぞれの筆記具に応じた課題があります。

『ペンの力』ひとくちメモ

バーコードを伴った出品券を使用する特徴があります。このシステムによって最短1ヶ月で自分の級位をHPで確認できます。

『ペンの力』かかる費用について

誌代
毎月700円
半年もしくは1年分の前納が必要
出品用紙
各種 1冊50枚とじ 210円~315円

出品用紙は、届く冊子に1枚ずつ添付されています。さらに必要な場合は別途購入することになります。

また、競書課題に添削券を添付すると手本を書いた先生に添削してもらえます。(作品1点につき1,300円)

このほか、年4回の昇格段試験があり、初段以上の資格取得には受験料の支払いが必要です。

普通コース
10級~1級まで 審査費 無料
1級~五段まで 審査費 1,100円
専攻コース
10級~1級まで 審査費 無料
1級~八段まで 審査費 1,100円

※初段 → 準初段といった細かい刻みはありません。

『ペンの力』見本誌の請求先

資料請求ページ - 日本書道教育学会

バックナンバー - 『ペンの力』

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます