2つに分かれるペン習字の上達ルート【短期間 or じっくり】

きれいな字を書くための方法としてペン習字を選んだとき、いったいどんな上達法があるのか、このページでは市販のペン字教本を参考にしながら、その上達法を探ってみることにします。

このページ 3行まとめ
ペン習字の上達法は、およそ2つに分類できます。
「手本を真似る上達法」「応用が利くルールを当てはめる上達法」
練習の本質は、心と身体の動きを一致させることにあります。

市販のペン字教本から読み取れる2つの上達法

「読むだけで簡単に上達──」「1日○分で身につく──」など、書店で見かけるペン字教本は速習・速効性を謳った書籍タイトルが非常に多いです。

商業出版の都合上、著者の一存ではタイトルを決められないのがその理由にあたるのですが、それぞれの本をよく読んでみると、書字上達のアプローチについておよそ2つの上達法が混在していることに気付きます。

1. 少しの練習で”形よい字”を目指すための上達法

レーダーチャート 字形の整字術を取り入れた場合の上達効果

1つ目の上達法は、「手本を几帳面に習う必要はありません。あなたの書きぶりや個性は残しつつ、字形よく見えるポイントを取り入れましょう」といった主旨です。

従来のペン字練習法とは一線を画した取り組み方でもあります。

確かにプロのように書ければ一番よいのだろうけれども、だからといって、何もかもなげうち、ペン字だけに人生のすべての時間と情熱を注ぎ込みたいなどと思ってはいないでしょう。

人に見られても恥ずかしくない程度の、そこそこうまい字が書ければいいや、ということなのではないでしょうか。

『字がうまくなる 「字配り」のすすめ』 猪塚 恵美子(2007)

その道で修練を積んだ先生に対して「いや実は、そこそこの練習で人並みに字を書ければそれで構わないのですが、何か良い方法はありませんか?」とは聞きづらいですし、多くの教室はその先生が辿ってきた上達方法(特に数稽古)を前提とした指導となっています。

図解 一般的な美と書き手の個性が融合すると、その人固有の美文字になる

手本の型を一字ずつ覚えるのはあまりにも大変なので、多くの文字に応用が利くルールを覚えて実践した方が、わずかな労力で済みます。そのような考えのもとに編み出されたのが「右上がり六度の法則」「すき間均等法」といった字形の整正ルールです。

いくつかのルールを覚えてしまえば、明日からでも実践できる速習性が大きな特徴です。

  • 字に自信がなく、履歴書の失敗作が増えるばかり。
  • 社内の伝達用メモを自筆で書くことに抵抗がある。
  • 人前で書く不安感を1日でも早く取り除きたい。

といった場合には、短期間で効果を望めるこちらの上達法が適しています。

上記2冊の付属DVDを一通り見ながら実践するだけで、形よい字が書けるようになります。

効果のほどは人それぞれですが、人気講師が開催する1回完結型のセミナーに参加して価値観が揺さぶられるくらいの発見はあると思います。

2. 書写によって手本の特徴を学び、自分の力とする上達法

レーダーチャート 書写による練習を取り入れた場合の上達効果

2つ目の上達法は、「真似て学ぶは上達の基本。書写の積み重ねによって正しく整った文字を書けるようになりましょう」といった主旨です。

書き込み式タイプの練習帳は、真似て学ぶ上達法に即していることが多く、これは小学生の頃に習った「書きかた」や「毛筆習字」と学習方針が似通っています。

目新しさはありませんが、着実な上達を見込める方法です。

図解 歴史的に多くの人が美しいと感じてきた書きぶりを吸収して、伝統美を伴った自分らしい筆致を目指す

一般的にペン字手本の執筆者は、書の才覚に秀でているのはもちろんのこと、得意とする(長年研究対象としてきた)書の専門分野をいくつか持っています。

かな書道を主体として研鑽を積んだ先生は、女手のような柔らかな書きぶりとなりやすく、おう陽詢ようじゅんといった特定の書家を私淑する先生もまたその特徴が筆致に色濃く残ります。

過去の名筆に何十年と向き合い、昇華した硬筆手本を模範とすれば、多くの人が美しいと感じる書きぶりを体得するこの上ない近道になります。

私たちは好きな手本を学ぶだけで、その先生が蓄積してきた技術的背景を何十分の一の労力で吸収できるわけです。

そのような伝統美を下地にすると、自然と探究心が生まれ、手本の書きぶりのルーツとなる書字分野にまで興味がおよぶこともままあるようです。

突き詰めていくと、どこまでも深く学べる昔ながらの書字上達法です。

  • 「六度法」も良かったけれど、さらに上の段階へ進みたい。
  • 伝統を踏まえた正しさのもとで硬筆の基本を学びたい。

といった場合には、従来の書写による練習法が適しています。

目指す方向によって「習いやすさ」は変わる

  • 模範に近づくための上達法が書写
  • その人固有の美文字に近づくための上達法が字形の整字術

といった対比で見てみると、それぞれの上達法が目指す方向性が鮮明になります。

このように、ペン字教本と一口にいっても上達のプロセスに大きな違いがあります。

そのため、それぞれの本が打ち出している「習いやすさ」が必ずしも自分に合っているとは限りません。

少しの時間と努力で美文字を目指す人にとっての”習いやすさ”とは
上達のコツが多すぎず、覚えやすく、実践しやすい。
ひとつのルールで多くの文字に適用できる。 など
ペン習字の基礎を通して書字上達を目指す人にとっての”習いやすさ”とは
手本との相性が良く、敬意や親しみを持てる。
手本のおかげで、いつまでも書いていたい気持ちになる。
著者の関連書籍が豊富にある。 など

ですので、ごくわずかな期間で上達を望んでいる人にとっては、手本の型をいちから学ぶ書写形式の練習は相性が悪いでしょうし、かんたんに実践できる独自メソッドもまた、ペン習字を本格的に学びたい人にとっては枝葉の技術にしか過ぎず、やや物足りなく感じてしまいます。

意識と身体のズレをなくすと字は上手くなる

2つの上達法に共通している本質はどこにあるのだろうと考えたとき、私は「心と身体の動きを一致させること」にあるのではないかと思います。

早い話、寸分の狂いなく、自分の思ったとおりに指先を動かせれば、絵画や書字だってお手の物、小さな米粒にだって精密に字が書けます。

しかし、経験のない人がそうしようと思ったところで、それは土台無理な話で、大抵は意識ばかりが先行してあらぬ動きをしてしまい、不甲斐ない結果に終わってしまいます。

そのため、まずは身体を上手に動かす訓練から始める必要があり、どんな上達法においても、ここがひとまずのスタート地点となります。

正しい基準をどこから持ってくるのか それが問題

ペン習字の場合、手本を真似る・真似ない上達法、どちらを選択するにしても、脳からの指令を正しく身体に伝える訓練という意味では、双方が目指す方向性はほぼ一緒です。

図解 心と身体のシンクロ率に応じた次のステップ

唯一異なるのは、書字における美的感覚を外から持ってくるのか、それとも内から持ち出すのか、という点です。

「手本を真似る練習法」において、正しいとする基準は手本の型(外から持ってきた物)です。書写形式による練習を重ねるうちに頭で思っていること実際にやっていることのズレは少なくなり、次第に型に則った書字が出来るようになります。

一方で、「手本は参考程度に留め、自分なりの美文字を目指す練習法」では、正しいとする基準は、自らの美的感覚(内から持ち出す物)に寄るところが大きいです。何を持って正しいとするかは、これまでの筆記習慣が影響しやすく、初歩の段階にして「あなたらしい文字の美しさとは」といった定義付けが学習者に委ねられています。

美しいと感じるものを取り入れて美意識を磨こう

表現の引き出しは多いに越したことはないと思います。琴線に触れるものをたくさん見て、感じて、すくい取ったものによって美意識は磨かれます。

「私には持って生まれたセンスがないから…」と諦めかけている人は、硬筆におけるきれいな書きぶりを知るところから始めてみてください。

センスは知識で補えます。蓄えた知識は説得力となり、知識に裏付けされた技術は書字における美的センスに繋がります。

自分が美しいと思う手本を目に焼き付け再現する作業を糸口にして、ゆくゆくは自分らしい書きぶりへ、といった上達法をこのサイトでは推奨しています。

次のページ
お気に入りのペン字手本を見つける方法
スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます