確かなものさしで今の実力が分かる硬筆書写検定

硬筆書写検定とは

硬筆書写検定は、文部科学省が後援するペン習字技能検定です。

社会生活における手書き能力の向上や教養を深めることを目的として、全国の試験会場で毎年3回にわたり実施されています。

公式サイト)日本書写技能検定協会

書写検定が腕試しに最適な理由

各団体の競書誌で独自に認定している成績は、評価の基準がそれぞれ違うため、同じ級位・段位であってもその技量はまちまちです。

たとえば、同じ5段で比較しても

  • 団体によっては「学童部 5段」と「一般部 5段」があること。
  • 師範を取得しやすい団体では、審査が甘くなる傾向があること。
  • 会派の手本を模倣するだけで得られる段位があること。

飛び抜けた力を持っているのに昇段試験が年に1度しかない人の5段と、実力が伴わなくても所属年数が長いというだけでもらえる5段では比較のしようがありません。

競書誌も商売が絡んでいますから、多くの人に少しでも長く続けてもらえるように「受験回数」や「生徒のやる気」に配慮して合格率を調整している場合があります。

特にペン習字の場合、手本の書写だけでも高段位まで上り詰めることができるため、その段位に見合った書きぶりを普段の生活でも発揮できるかというと、「実は手本がないと上手に書けません」といったケースが往々にしてあります。

ペン習字の隠れた悩みでもある「手本がないと手本のように書けない問題」を浮き彫りにするのが硬筆書写検定です。

硬筆書写検定では出題される問題のすべてに自運(手本なしで書く自己運筆)が求められます。

審査の対象となるのは「硬筆に関する技能と知識」のみです。受験者がどのような経歴を持ってどれだけ経験を積んできたかは一切関係しません。

所属している団体で師範を取得しているからといって最難関である1級に合格できるとは限りませんし、ペン習字を始めてからわずか数年で1級を取得している実例もあります。

いわば国が定めたものさしによって本来の実力を査定する試験が硬筆書写検定なのです。

硬筆書写検定を受験する際の目安

受験できる級位は5級から1級まであり、それぞれの難易度と出題傾向をおおまかに分けると、

1級
指導者、上級者向け
実技:楷書・行書・草書。
理論:旧字体・書写体、草書と古典を読む、書道史、漢字の添削など。
準1級
上級者向け
実技:楷書・行書・草書。
理論:旧字体・書写体、草書と古筆を読む、書道史、誤字訂正など。
2級
中級者向け
難易度:高校卒業・大学生・社会人程度。
実技:楷書・行書。
理論:楷書・行書の筆順、部首の名称、草書を熟語で読む、ひらがなの字源など。
3級
初心者向け
難易度:中学校卒業程度。
実技:楷書・簡単な行書。
理論:楷書の筆順、部首の名称、草書の読み(易しい)、誤字訂正。
4級
初心者向け
難易度:小学校6年生修了程度。
実技:楷書のみ。
理論:漢字の筆順、書き取り。
5級
初心者向け
難易度:小学校5年生修了程度。
実技:楷書のみ。
理論:漢字・ひらがな・カタカナの筆順。

およそこのようになっています。

1級に合格するとペン習字教室を開業できるだけの技量があると見なし、指導者証が交付されます。

4,5級の出題範囲は小学校で学習する漢字に限定されますので、ペン習字の経験がある一般成人は3級からの受験が妥当です。

当サイトの硬筆書写検定対策カテゴリでは、ペン習字学習のひとつの区切りとなる2級受験をサポートしています。

関連)硬筆書写検定2級合格がひとつの節目となる理由

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます