Kindle Unlimited を利用する上で知っておきたいこと

その1 いちどにダウンロードできる本は10冊まで

Kindle Unlimitedは、図書館と同じように利用できる冊数に上限があります。

端末に保存できる書籍は、1アカウントにつき10冊までとなっており、11冊目以降をダウンロードする場合は、手持ちの本を一冊以上、手放す必要があります。

ダウンロード数の上限を超えた場合に表示される画面

特に何も操作しないまま、11冊目をダウンロードしようとすると、最初に利用した本(1冊目)の利用終了を促すアナウンス画面が表示されます。

「利用を終了して続行」ボタンを選択すると、対象の本が利用停止となり、新しい本がダウンロードできるようになります。

「いや、その本はまだ読み終えていない」といった場合には、「▼」ボタンを押すことで、Kindle Unlimited で現在利用している本の一覧が表示されます。

利用停止する本を任意に選ぶ際の操作

利用停止したい本を任意で選べる点ではこちらの操作が便利です。

不要な本をまとめて削除するには

もう一つの方法として、ダウンロードした書籍の一覧リストを確認しながら整理したい場合は、アカウント画面から操作します。

「kindle Unlimitedマイブック」を表示 をクリック

「Kindle Unlimited 読み放題」のページを開いた後、「Kindle Unlimited マイブック」を表示 を選択します。

「コンテンツと端末の管理」から削除する本を選ぶ操作方法

コンテンツと端末の管理画面に移動するので、利用を停止したい本の隣にある「…」ボタン押し、「この本の利用を終了」を選択するとリストから削除できます。

その2 「読み放題で読む」を選択する

「読み放題で読む」をクリックすること

「1-Clicで今すぐ買う」を選ぶと、通常の電子書籍として購入することになります。10冊までの限定枠からは除外されますが、クレジットカードにKindle版の価格が請求されますので、「読み放題を読む」ボタンを必ず選ぶようにしてください。

ほしい物リストからの操作に注意

特に注意が必要なのは、後でダウンロードする本を「ほしいものリスト」に追加している場合です。

ほしいものリストの画面には、「読み放題で読む」ボタンはありません。押し間違いが起こりやすいので、ご注意ください。

誤注文はキャンセルできる

誤って押してしまった場合でも、慌てず次に表示される画面で「ご注文をキャンセル」ボタンを選択すれば、緑色のメッセージが表示され、キャンセル手続きが完了します。

Kindle Unlimited 
30日間無料体験をはじめる

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます