個人でも購読できる硬筆専門の競書誌

競書誌とは、毎月決まった課題について練習し、仕上げた作品の優劣によって級位を認定してもらえる定期雑誌のことです。

このページでは、個人でも取り寄せ可能な硬筆専門の競書誌を紹介します。

ペン習字を専門とする競書誌 一覧

桃花会研究部
『華』
日本書道教育学会
『ペンの力』
ペン時代社
『ペン時代』
大阪ペン字クラブ
月刊『ペン字』誌
岡山書写教育研究会
『書写フレンズ』
日本ペン習字研究会
『ペンの光』
昇級・昇段、練習のコツ

各競書誌の概要については個別ページで説明しています。

各競書誌の購読費を比べたとき

競書誌 毎月の誌代
『ペン字』
(大阪ペン字クラブ)
約500円
『ペン時代』
(ペン時代社)
576円
『華』
(桃花会研究部)
676円
『ぺんの力』
(日本書道教育学会)
700円
『ペンの光』
(日本ペン習字研究会)
約776円

各競書誌の1ヶ月あたりの誌代は上記のとおりです。

他と比べて誌代が高い競書誌は、随意課題が豊富な特徴があります。

随意課題とは、「級位に関わらず全員が出品できる部門」と説明すると分かりやすいでしょうか。「はがきの表書き」や「手紙文」など、実生活に役立つ課題を設定している団体が多いです。

一方、安く購読できる競書誌は、規定部(級位が上がる部門)のみ取り扱っている傾向があります。

購読費の中に出品審査料が含まれているものとして捉えると、誌代の多寡に説明がつきそうです。

競書誌を経由したときの添削料金について

競書誌には、別途に料金を支払うことで、出品予定の作品を先生に見てもらえる制度があります。

競書誌 添削代(1点につき
『ペン字』
(大阪ペン字クラブ)
1,000円
『ペン時代』
(ペン時代社)
300~400円
『華』
(桃花会研究部)
400~500円
『ぺんの力』
(日本書道教育学会)
1,300円
『ペンの光』
(日本ペン習字研究会)
1,000円

このような添削代は、教室に通う際の月謝に相当する費用に相当します。

個人で購読する場合は、添削を受けるも受けないも基本的には自由です。

表を見る限りでは、『ペン時代』と『華』の添削が利用しやすい値段設定になっています。

競書誌の添削を利用しにくい団体もある

ペン習字の団体によっては、郵便為替で添削料を支払うところもあり、競書誌の添削案内は必ずしも使い勝手が良いサービスではありません。

この辺りが個人購読者の辛いところでもあり、全くの初学者が手始めの手段として競書誌を購読すると、昇級しづらいリスクが発生します。

自筆の改善点がいまいち分からず、自宅学習で添削を強く希望する人は、『ペン時代』『華』の他にも、次の3つの選択肢があります。

1.初学者用の通信講座を受講する
ペン習字の基礎にちなんだ一連の課題を添削してもらえる。
2.「競書」と「通信添削」がセットになっている料金コースを選ぶ
当月の競書課題を月に1回ほど添削してもらえる。
3.支部教室の通信生として入会する
提出作品を増やしても月謝分で見てもらえる場合も有り。

不安や疑問を解消してくれるクッション材となるような学習支援を携えておくと、競書誌を長期にわたって有効活用できます。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます