これからペン字を始める人のスターターキットを考える

「通信教育で悪筆は直るのか」をテーマに掲げてペン字に取り組み、約5年が経過。最近になってその答えをようやく見つけ、サイトとしては完成形を迎えました。

今回は、もし仮に「今から5年前(当時20歳)の自分自身にアドバイスが可能だったら」と題して、成人後に悪筆を矯正するペン字スターターキットの中身を考えてみます。

コンセプトは、

  • 初めの一歩を踏みやすく、且つ次のステップへ繋がりやすく。
  • 初期投資はなるべく抑えて。
  • 入門レベルよりさらに易しい難易度で、字を書く練習の第一段階となるようなアイテムを。

の3点です。

はじめに揃えておきたいもの

スターターキットの中核をなすアイテムで、私自身が長期にわたり使用し、使い良いと判断したモノです。

デスクペン DPP-100-B-EF

デスクペン DPP-100-B-EF

定価1,050円。

私が現在受講している通信講座の特典として与えられたもので、かれこれ3年ちょっと使い続け、ようやく寿命を全うしました。ボールペンと比べて、筆圧が圧倒的に低く抑えられる利点はもちろん、高級万年筆と比べても引けをとらない書き味が特徴です。

ペン先はEFがおすすめ。EFとは「極細のペン先」を意味します。その繊細な線を味方につけてしまえば、どんな太さのペン先でも自由に扱えるはずです。本格的な万年筆を購入する前の一本として持って欲しい、コストパフォーマンスの高いデスクペンです。

簡単ルールで一生キレイな字

簡単ルールで一生キレイな字

定価1,470円。

「経験と勘に頼った練習法だけがキレイな字を目指す唯一の方法ではないよ」といった主旨の書籍です。この本には美しい字に共通するルールをまとめた字形矯正術「六度法」というメソッドが掲載されており、

  • 右上がり六度に書く
  • 右下に重心を置く
  • 等間隔に書く

などの比較的簡単に実践できるTipsがまとめられています。いわゆるそこそこのレベルの字を書きたい人のためのハウツー本です。

簡単ルールで一生きれいな字 (生活実用シリーズ NHKまる得マガジンMOOK)
富澤 敏彦
日本放送出版協会 (2007/12/13)
売り上げランキング: 42585

詳しくは関連エントリー「六度法の本選びで迷ったら」を参照してください。

できれば揃えておきたいもの

テキストに直接書き込むのもいいですが、それだけでは練習量が圧倒的に足りません。そこで、長期的に活用できる練習紙を挙げておきます。

ジャポニカ漢字練習帳

ジャポニカ漢字練習帳

定価178円。

単体の文字を書く場合に使い勝手が良い練習帳です。自筆を客観視する目安となる十字リーダー付

人間の目は結構いい加減にできているもので、例えば。

ミュラー・リヤー錯視

上記の水平線はいずれも長さにばらつきがあるように見えます。しかし、線分の長さは全て同じなんです。そこで、

ミュラー・リヤー錯視

補助線を引いてみると、錯視が簡単に収まります。赤ペンで追記すれば尚更はっきりと。

ペン字の練習は高度な間違い探しをするようなもので、手本と自筆との違い見つけ、修正し、取り入れる。この繰り返しです。その間違い探しのヒントを少しでも得ようとすれば、ジャポニカノートのような補助ツールが役に立ってくるはずです。

ライフ – プレインレポート(R5)

プレインレポート

定価473円。

こちらは、手本のなぞり書きとして使える上質紙です。「肉薄で、透過性が高くコシもあり」こんな特徴をもっています。トレーシングペーパーとは違い、紙に書いてる感覚がしっかりと味わえ、インクの裏抜け・にじみもありません。特に「にじみ」は個人的に重視している要素で、毛細血管のように後からインクがジワジワとにじみ出す紙はそれだけでストレスが溜まります。あまりお金のかからない習い事ですから、常用する道具には多少いいモノを。

書き味の好みには個人差があるため、他の練習紙も試してみたい方は、次の記事を参考にしてみてください。

あったらいいなと思うもの

上記のテキスト『簡単ルールで一生キレイな字』を一通り終え、次の教材が決まっていない場合の選択肢として。

いつのまにか字が上手くなる本

いつのまにか字が上手くなる本

価格1,208円

私がペン字を始める際に初めて購入したハウツー本で、六度法とは別の視点で字形のまとめ方が紹介されています。「よい例」と「よくない例」との対比の仕方や、自己添削する際の注釈の入れ方など、たまに読み返しても目の保養となるスルメ本です。

成果が出始めるまでに知っておきたいこと

三日坊主で終わったとしても、これさえ知っておけば再起できる豆知識。それから練習のコツ。

プラトー現象 – 上達を実感するまでにかかる期間

プラトー現象

まず、3ヶ月間はどんな策を講じてても練習を継続してください。大抵の場合、学習量と上達度は比例せず、目に見える効果を得るまでには時間がかかります。「さっぱり上手くならない」それは能力の限界ではなく、単なる停滞期であり、必ず乗り越えられる壁です。自分は成長過程にあるんだと言い聞かせて90日間はとりあえず続けてみてください。

練習する際の心得

最近、パイロットペン習字通信講座を始められた方のブログから。

書いて、見る。見て、比べる。比べて、考える。考えて、知る。知って、書く。

このループを螺旋状に積み重ねることのみが、ペン習字の上達の道のようだ。

よい手がほしい—20年遅れのペン習字—

ほぼ教訓に近いです。

読者プレゼント企画

※この企画は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

サイトの更新が一段落つき、ペン字関連のアイテムを少し整理したいと思っています。どうせ処分するなら長く使ってもらえる人に、というわけで、今回の記事で紹介したペン字スターターキットを1名の方にプレゼントいたします。

プレゼント内容

  • デスクペン DPP-100-B-EF
  • 『簡単ルールで一生キレイな字』
  • ジャポニカ漢字練習帳
  • 様々な練習紙 お試し用詰め合わせ
  • 『いつのまにか字が上手くなる本』
  • 他2点

プレゼント内容

状態は、デスクペン・ジャポニカ練習帳のみ新品で、他はある程度使い込んでいます。

応募方法

プレゼントをご希望の方は、メールフォームに次の項目を記入して送信してください。

  1. ハンドルネーム
  2. メールアドレス
応募期間
2010年6月13日から6月23日 21時まで。
当選発表
2010年6月24日 23時頃。
当選した方にのみ返信いたします。

※抽選の結果、ハンドルネーム「あつこ」さんに当選しました。おめでとうございます。(7/3発送)

※個人情報の取り扱いについて
メールアドレスなどの個人を特定できる情報は、プレゼント発送にのみに使用し、発送後、直ちに破棄いたします。なお応募に当たって本名、正確な住所の入力は必要ありません。当選者にのみ発送先の確認メールを送信いたします。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます

コメント

  1. ナゾベーム より:

    こんばんは。
    tweetw見て、あわてて読みに来ました。こりゃ気づかんわ。
    おれはutaさんの影響をばっちり受けてからパイロットに入会したので、今夏のプレゼントアイテムはすでにほとんど持ってます。というわけで、応募はパス。
    やる気のある人に当るといいですねえ。
    utaさんからペン習字アイテムのプレゼントなんて、ご利益ありそう。

  2. uta より:

    >>ナゾベームさん
    今夏のプレゼントというか、最初で最後の企画になります(笑
    半年ぶりの更新で、「気づかないうちに終わってた」って人が大半かもしれないです。
    ガンガン応募してもらえれば。
    何か一言あれば、特にうれしいかなと。

  3. ぴのぴの より:

    こんにちは。面白いですね!この企画。
    こういうの、好きです^^

  4. きときと より:

    本格的なプレゼントですね〜
    って、リンク貼ってもらっちゃってるし!
    うわぁ・・・感激!(≧◇≦)

    大した内容でもないのに・・・ありがとうございます(o*。_。)oペコッ

  5. uta より:

    >>ぴのぴのさん
    ありがとうございますっ。
    興味を持ってもらえる記事をこれからも投稿できたらなーと思っています。

    >>きときとさん
    実はずっと前から準備していて、梱包も済ましていたんです。
    なーにやってるんだか(苦笑

    罫線入りの紙はノータッチだったから、とても参考になりましたよ!

  6. チトフ より:

    どうもはじめまして

    今、ペン習字をやっているのですが、こちらのサイトの記事を色々参考にしながら頑張っています。
    ちなみに今月からパイロットのペン習字講座開始。この記事に載っているデスクペンとかでちまちま書いてますw

    字はなかなかうまくならないですが、きっと「プラトー現象」だと言い聞かせてやっていきます(^^;

  7. uta より:

    >>チトフさん
    はじめまして。Twitterでお世話になってます。
    最近、同じ講座仲間と知り合う機会が増えてうれしい限りです。

    始めの段階は、みなぎるやる気に任せてしまえばある程度は続くんですね。
    「今日はやる気しないなぁ、やめとくか」と思った日に「えいや」と練習できるかできないか、
    ターニングポイントはここだと思われます。
    がんばってくださいね。