パイロットペン習字通信講座 私の所感

パイロットペン習字通信講座は、筆記具メーカーであるパイロットコーポレーションが文化事業の一環として開講している通信講座です。

この講座の概要については、公式HPで余すことなく把握できますので、ここでは私が10年近く受講している中での所感を交えながらその特徴を補足します。

パイロットペン習字通信講座 
公式サイトへ

毎月の学習テーマは「わかくさ通信」で発表されます

パイロットペン習字は、月初めに届く機関紙「わかくさ通信」の案内に沿って練習を進める学習形式になっています。

機関紙「わかくさ通信」

(パイロットペン習字通信講座公式サイト より)

月ごとの課題は2つあります。

添削課題
毎月のテーマに沿った手本ありの課題を自主練習して〆切日までに投函。
この課題は先生から添削してもらい、後日返送される。
級位認定課題
手本がなく、そのときの実力を試す課題。作品の優劣によって成績や昇級が決まる。

これらの課題を提出しながら技量を養う仕組みとなっています。

1年間で学べる内容

他の講座にない特徴は、自分の実力に合わせて、初級・中級・上級コースを任意で選べる点です。ステップアップするごとにペン習字の学習領域が広がっていきます。

自分の実力に合わせてコースが選べる

たとえば、初級コースを1年間続けたときに学べる内容は、

  • 「伝統的ひらがな」と「カタカナ」の約束事
  • タテ書き・ヨコ書きの基本
  • はがきの宛名を上手に書くコツ など

となっています。

中級・上級コースへ上がると、「行書の基本」や「連綿による続け字」といった、より実用的な書き方を学べます(楷書より行書の方が早く書けて便利)。

選べる4つの系統

好みに合った手本を選べる特徴があり、途中で系統を変更することも可能です。

4系統の手本から選べるのが特徴

それぞれの系統のルーツとなっている先生は、

A系統
江守賢治先生(1915~2011年)
国語国字を専門とした研究家。
欧陽詢が夢枕に立つほど氏を敬愛し、古典に即した解説の著書が多い。
B系統
鷹見芝香先生(1898~1986年)
山形県出身の書家。
『古典による正統的な学びを重ねて、読み易く親しみ易い表現』を提唱。
C系統
狩田巻山先生(1904年~1993年)
大阪教育大学名誉教授。かな書家。
『硬筆書写検定合格のポイント』の手本を執筆。
D系統
小林龍峰先生(1911~1993)
書家。日本書写技能検定協会理事・中央審査員。

となっています。

これから始める人のためのペン字用語集を参考にさせていただきました。

人気がある系統は?

ツイッター内でパイロットペン習字を受講している人の系統を調べ、集計[1]してみると、

  1. C系統(26人)
  2. B系統(22人)
  3. A系統(6人)
  4. D系統(2人)

このような結果になりました。

受講生が集中している B,C系統は、多くの人が親しみやすい書きぶりとも見て取れます。

各系統の指導員

また、指導陣の人数からも、各系統に属している生徒数を伺い知れます。

テキストは書写検定に役立つ一級品

書写検定に目を向けると途端に輝きを放つ教材群です。

豊富な教材

テキストは全部で6冊あり、

※リンククリックでテキストの目次を閲覧できます。

目次を見る限り、初心者には取っつきにくそうに感じるのですが実はその通りで、その内容は、

  • 手本集が6割。
  • 書写検定の理論問題に役立つ知識が3割。
  • キレイに書くためのコツが1割。

このような構成になってます。

4つの系統から選べるということは、4種類の手本がテキストに掲載されているわけで、1つの系統でみると、参考にできる箇所が限られてしまうのが難点です[2]

また、これらのテキストは自主学習によるところが大きく、練習の進め方は本人に委ねられています。

「初心者にとって優しくない」と一部で口コミされるのは、メインとなるテキストが資料集的な作りになっている点が要因ではないかと思います。

ただ、硬筆書写検定の受験を控えるようになってから読み直すと、「古筆の読み方」から「旧字体・書写体」「書道史」「漢字の筆順・部首名」などのページがすべて書写検定に使える知識であったことに気付きます。

さらには、毎月提出する課題も硬筆書写検定の実技問題に準拠した作りになっており、1年間の課題を一巡する頃には、受検する準備が整う手はずになっています。

※硬筆書写検定の詳細については、「確かなものさしで今の実力が分かる硬筆書写検定」を御覧ください。

添削の質はマチマチ

毎月の添削結果に多くを期待するのは難しいかも。

添削指導の内容

見本にあるような添削が受けられるのは私の経験上、1年に数回程度でした。年々増加する受講生の人数と、比較的安い受講費を鑑みると淡白な添削であっても仕方ないかもしれません。

学習意欲がある人は、通信欄に質問文を付け加えておくと、回答を織り交ぜた添削や講評となる可能性が高く、自然と受け取る情報量も多くなります。

字典は別途に揃えよう

初心者に優しくない点その2。字典の有無によって昇級に大きな差が生まれます。

級位認定課題の説明

わかくさ通信には級位認定課題について次のように説明しています。

級位認定課題にはお手本はないので、自分で十分納得がいくまで練習しましょう。

引用元:わかくさ通信

始めたばかりの人は、講座のテキストから手本に該当する文字を探し出せないことを知り、自分の書きぶりで書いてしまうかもしれません。

しかし、ペン習字の第一義は「正しく整えて書くこと」にあり、そのいろはを十分に理解していない初学者が何も参考にせず作品を仕上げるのは少し無謀な気もします。

着実に進級していくために半ば正攻法となっているのが、それぞれの系統に属した字典から課題となる文字を拾い集め、それらを手本とすることです。

わかくさ通信内で案内している字典を以下にまとめておきます。

A系統
ペン習字常用漢字の楷行草
B系統
ペン習字三体
C系統
ペン習字常用漢字の三体
D系統
漢字三体ペン習字典

かかる費用について

ペン習字の通信講座では断トツのコスパです。

入会費用について

その他のオプションとして、

住所氏名の手本
1枚500円(楷書のタテ・ヨコ書き、行書のタテ・ヨコ書きで計2,000円)
清書用紙
1,050円
練習用紙
1,050円
これらの入手方法
清書用紙の通信欄か事務局に電話して購入の旨を伝える。

受講する初年度は、使える清書用紙が毎月1枚のみとかなりシビアな環境です。失敗したときのために余分に購入しておくのひとつの手です。

総評

価格と内容のバランスは取れているか

文化事業の一環ということもあり、ペン習字の通信講座では一二を争うほど受講費が安いです。

初年度12,600円に対して、「月1度の程よい添削」と「資料集的な教材」に価値を見出だせるかが満足度の決め手となりそうです。

こんな人には向いてないかも

  • ペン習字の基礎をいちから分かりやすく教えて欲しい。
  • 「今日はこのページを練習してください」といった具体的な案内がほしい。
  • 書写検定のような資格試験には興味がなく、キレイに書くコツを中心に勉強したい。

毎月の課題があらかじめ決まっているため、ひらがなから始めたい人は1月もしくは4月の入会が条件となるのがややネックです。

また、「何から始めたらいいのか分からない」そういった不満に対しての説明が十分でなく、「今月の学習テーマは、ヨコ書きです。テキストの○ページを参考に練習しましょう」といった指示の元に道筋をつけて自主学習できるかが向き不向きの別れ目となります。

こんな人におすすめです

  • 受講費を安く抑えながらペン習字を続けたい。
  • 字典を使いながら学習できる(調べる作業が面倒じゃない)。
  • 書写検定に対応したテキストが欲しい。

もし4系統の中に好きな手本があったら、それだけで始める価値があると思います。

硬筆書写検定に対応した講座ですので、硬筆に関する資格取得を1つのゴールとしたい人にとっては都合が良いです。一般的には2級を取得すれば、相当な実力が身についていると言えます。

私的おすすめ度:星5つ中、星3

パイロットペン習字は受講費が安く、ペン習字に興味を持った人の受け皿となっている通信講座です。

特に最近は美文字ブームの影響か、新規で始める人が増えています。

ただ、適切な学習方法が分からないために、言われるまま課題を提出して何となく昇級するうちに成績が伸び悩み、そのまま諦めてしまう人がいるのも事実で、全くの初心者向きではない印象はネット上の口コミからも見て取れます。

実際、私もユーキャンのボールペン字講座である程度の基礎を身に付けてからこの講座を受講しています。

ペン習字の勘所さえ掴んでしまえば、毎月の課題を提出する中でスキルアップを図れるので、その初手をどう攻略するかがその後の成長の鍵となりそうです。

資料の請求(無料)

公式サイトから、講座の特徴を分かりやすくまとめた資料を送ってもらえます。

パイロットペン習字通信講座 
資料請求

※資料を請求できるリンクは、公式サイトの右上にあります。

  1. 系統別の人数調査は、2014年時のものです []
  2. テキスト全体でみると、A系統の手本がもっとも多く掲載されています。 []

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます