正しいペンの持ち方について調べてみた

正しいペンの持ち方を習う機会は本当に少ないです。

小学校でそれらしい手ほどきを受けてからは、表立って持ち方を見直されることもなく、自ら進んで持ち方を直そうと思ったときには、一度身に付いた頑固なクセが固着しています。

「自分でもおかしい持ち方だと自覚はしているけれど、どうやって直したらいいのかよく分からない」

人前で字を書く機会が多い人にとってはたいへん悩ましい問題です。

そんな人のために、持ち方の見本だけでなく、それぞれの指の力加減も踏まえて詳しく解説していきます。

はじめにまとめ

手の大きさや指の長さには個人差があり、それぞれに合った持ち方は微妙に異なります。

ここで紹介する持ち方は基本フォームに留めてもらい、ある程度なじんできたら、今度は自分にとって最適な持ち方にチューニングしてください。

難しいことは特にありません。その持ち方がしっくり来たらほぼ正解なのです。

疲れない持ち方がもたらす様々な効果

この記事がゴールとする地点は、「ペンは力を入れなくても書ける」という意識の転換です。

ふんわりと優しい持ち方へ改善することで、

  • ペンだこ、腱鞘炎けんしょうえんの予防。
  • 長時間・大量の筆記作業が苦にならない。
  • 手の疲れを気にせず集中力が長く続く。

といった、副次効果があります。

ペンの自重だけで線が引ける持ち方は、それだけで指先の疲労感を軽減できます。

紙の裏にまでくっきりと筆跡が残る強い筆圧は、今日を境に決別しましょう。

真似してみよう 持ち方の見本

横から見た正しいペンの持ち方

下から見た正しいペンの持ち方

一人称(本人)視点による持ち方が分かりやすい参考図書として、『10日で「美文字」が書ける本』があります。

著者は、書写・書道教育の研究にも携わっている青山浩之先生です。

付録のDVDから正しい持ち方を360度チェックできます

この本では、正しいペンの持ち方は「握る」のではなく「つまむ」ようにと説明しています。

くるりん法でペンを持つ

  1. 机の端からペン先がはみ出るように置き、親指と人差し指でつまむ(つまむ位置は、ペンの先端から約3cm)。
  2. ペンを上に持ち上げ、中指で押し出しながらくるっと手前にひっくり返す。
  3. 中指をペンに添えて、3本の指で軽く持つ

(NHKまる得マガジン「さらばクセ字!初めての美文字レッスン」より)

青山先生考案の「くるりん法」を使うと、わずか3つのステップで正しくペンが持てるようになります。

筆記具によって持ち方の角度が変わります

ボールペンのよい持ち方 - 側面から

横から見たボールペンの持ち方

(『パイロットペン習字通信講座 学習ガイド』p9 より)

ボールペンは、軸をやや立て気味にして持ちます。(私の持ち方はこんな感じです)

デスクペンのよい持ち方 - 側面から

横から見たデスクペンの持ち方

(『パイロットペン習字通信講座 学習ガイド』p8 より)

デスクペンや万年筆は少し寝かせるようにして持ちます。(私の持ち方はこんな感じです)

いずれの持ち方も人差し指の第二関節までを“ペン軸に巻きつけるようにして”持っています。ペン軸と人差し指が触れる肌面積を増やすことで安定感のある持ち方になります。

Q&A なぜ筆記具によって持ち方の角度が違うの?

それぞれの筆記具には、“推奨される持ち方の角度”が存在します。

鉛筆
55~60度
ボールペン
60度~90度
万年筆・デスクペン
書きたい字幅に応じて(55~60度が適当)

約60度。この角度が書きやすいと感じる理想的な角度といえます。

60度の角度を基準として、ボールペンで書く際は、立て気味にして持つと筆記中に線がカスレません。

ボールペンの筆記角度

ボールペンは紙の上でボールが回転することで、ペンのインクが紙へ転写します。そのため、ボールが回転する60°~90°の筆記角度で筆記するのが理想的です。

お客様相談室 紙の上でボールが回らない場合 | 三菱鉛筆株式会社

ボールペンの場合は、快適な書き味を維持するためにも、ペン軸をやや立て気味にして持ちます。

それぞれの指の力加減について

「ペンが落ちない程度に支える」

この状態を基本として、親指と中指でペンを持ち、人差し指がナビゲーター。小指は土台役。

それぞれの指にこのような役割を与えます。

親指と中指の配置

上のような持ち方に人差し指を添える、だと分かりやすいでしょうか。

筆記中は、どの指にいちばん力が掛かるかというと、実のところ、ペンを持つ3本の指に力はほとんど必要ないんですね。

理想はペンを持つ3本の指に対して均等に力を分散させることにあります。この状態でしたら、いくら書き続けても指が疲れることはありません。

ひとまず「ペンが落ちない程度に軽く持つ」この状態を維持できたら、良しとしてください。でもこんな不安定な持ち方では満足に線が書けないはずです。

ここで一工夫が入ります。小指を軽く「くっ」と曲げることです。

小指の使い方について詳しく

ペン習字の教本ではめずらしい「体の上手な動かし方」について言及している書籍をベースに小指の使い方を説明します。

小指が働けば字は劇的に上手くなる

おそらく多くの方は、

  1. 人差し指
  2. 親指
  3. 中指

の順番で、力を入れていると思います。

直接ペンを握るその三本の指に力が入るのは当然のことですが、ずっとそのままの状態が続くと、手はかなり疲れてくるはずです。(p70)

『まっすぐな線が引ければ字はうまくなる』 高宮 暉峰(2006年)

私も以前は、人差し指の腹に思いっきり力を入れて書いていました。

指先の色が真っ白になるほど力んでしまっては、短時間の筆記でも疲労してしまいますよね。

では、疲れずにボールペンを安定させるには、どうやって持ったらよいのでしょうか?

それは、ずばり「小指」に力をいれるのです。

ボールペンを持っているとき、小指は軽く握られた状態になっています。

この状態のまま、小指を手のひらにくっつけるようにして、軽く力を入れます。

ぎゅっと握り締める必要はありません。軽く「くっ」と力を入れてみてください。

小指に軽く力を入れると、手のひらの中心と下の部分に自然な力が入ります。これが大切なのです。

この部分を支えにしながら、ボールペンを握ると、ペンを持つ腕の下側に力が入ります。

そうするとその力が肘に連絡されるので、上手に肘を使うことが出来ます。(p70,p71)

『まっすぐな線が引ければ字はうまくなる』 高宮 暉峰(2006年)

つまり、小指を土台とする意識でペンを持ち、軽く「くっ」と曲げると、その力が肘にも連絡され、安定した線が書けるようになるわけですね。

どうでしょうか。先ほどよりも少しは冴えた線が書けるようになりましたか。

小指を曲げたとき筋肉が張る部分

小指を曲げたとき、小指側の側面から肘にかけて筋肉の張りを感じます。この固定感を土台として筆記したとき、指先の力は大して必要ないことが分かるはずです。

しっくりとくる小指の曲げ具合には個人差がありますので、各自で調整してみてください。

まだ少し理解するのが難しいかもしれませんが、大丈夫です。解説はまだ続きます。

用紙に触れる手の位置について

意外と見過ごされているのが、紙と手が触れる位置です。

用紙に触れる手の位置を下から見たとき

写真のように、2箇所の赤丸部分が紙と触れるようにして手を置きます。

小さな赤丸は、小指の第一関節を指しています。

大きな赤丸は、小指側の手のつけ根を差し、この場所を小指球しょうしきゅうと呼びます。

紙に触れる部分は、基本的に2箇所のみで「小指の第一関節」と「小指球」を支点として筆記します。

手の側面全体をべったりと置いてしまうと、ペンを動かす範囲が狭まり、縮こまった書字となる傾向がありますので注意してください。

最後に余った薬指はどうすればいい?

親指・人差し指・中指の位置さえしっかり決まれば、薬指も自然と具合の良いポジションが見つかります。

筆記中は、中指に引っ付くようにして薬指が動きます。

ペン先が停止しているときは、小指の上に薬指がちょこんと乗ります(私の場合)。

いただいたコメントから、深く意識すると混乱する箇所のようです。薬指以外の4本指がしっかり機能すれば、感覚的にしっくりくるポジションが見つかります。

ここまでのおさらい

正しい持ち方のフォームは?
「くるりん法」でつまむようにしてペンを持つ。
筆記しやすい持ち方の角度は?
約60度を基本として、ボールペンは軸を立て気味にして持つ。
それぞれの指の力加減は?
親指と中指でペンを持ち、人差し指がナビゲーター。小指は土台役。
ペンを持つ3本の指はゆったりふんわりとペンが落ちない程度に支える。
どうしても力んでしまうときは、小指を軽く曲げて余計な力みを肘へと流す。
手と紙が触れる位置は?
「小指の第一関節」と「小指球しょうしきゅう」の2箇所。

正しいペンの持ち方をおさらいできる図解

『さらばクセ字! 初めての美文字レッスン』 p7より)

ここまで読んだ方なら、上の画像のチェックポイントをすべて理解できるはずです。

「小指球」を固定した書き方は、大きな文字を書く際に窮屈に感じるため、場合によっては肘をも動かす気持ちで書くと、楽に書けます。

もちろん姿勢も大事です

正しい姿勢による正しい持ち方が大事であることを示した教科書の1ページ

(旧文部省検定済 教科書『新しい書き方 二』p3 より)

「かきかた」の教科書には、ペンの持ち方の他にも姿勢を正す必要性を説いています。

両手の平にお尻を乗せたときに、はっきりと感じる骨の部分(2箇所)を坐骨ざこつと呼び、ここに体重を乗せ、”2箇所の坐骨で立つ”ようなイメージで背筋を伸ばすと、正しい姿勢を保ちながら筆記できます。

腰への負荷を小さくする「坐骨座り」は、足裏全体を床につけ、肩幅ほどの広さで脚を開き、膝の角度はほぼ90度にする点がポイントです。

筆記中は、ボーリングの球(5kg)ほどの重さがある頭を前に傾けることになり、首周りの筋肉に負荷がかかるため、たまに黒板を見るようなつもりで姿勢を正すと、緊張状態が和らぎます。

座っている姿勢は、意識しないと背骨が 「緩やかなS字型」 → 「C字型」の猫背になりやすいです。

特にあごが前に出るような不良姿勢は、長時間のスマホ操作と同じように、ストレートネックの原因となり、肩コリ・首コリなどを誘発します。

ですので、ペンを持つ利き手に限らず、体全体に意識を向けると背骨や首周りへの負担が和らぎ、ペンを正しく持つ心がけによって、ひいては猫背を予防できるメリットがあります。

坐骨座りは、お尻が痛くなる感覚がある意味正常で、緩衝材となるクッションを利用すると、背筋が伸びた美しい姿勢を無理なく維持できます。

書字の乱れを防ぐちょっとしたコツ

ペン習字には「紙送り」という言葉がありまして、自分が書きやすいと感じる手の位置はなるべく移動させず、たまに紙を向こう側に送るようにして書くと、常に最良の位置を保ちつつ筆記できるコツがあります。

特に、ノートの下側は手先が縮こまり、字形が歪みやすいです。そんなときは、利き手の反対の手でノートを向こう側に送ると、書字の乱れをいくらか解消できます

サラサラと軽やかな手つきで書くためには

丁寧に書こうと思うほど指先に力を込めてしまう書き癖は、私もかつてそうでしたのでよく分かります。

ペン軸を強く握りしめると、ペン先はブレず安定した線が書けるため、失敗できない場面で強張った持ち方となってしまうのは当然の成り行きです。

しかしその強く握った持ち方、果たしてそこまでの力が必要でしょうか。

試してみてください。親指と中指の2本だけでペンを持ち、ペンの重みだけで書くと、おぼつかない線ながらもインクはたっぷりと出てきます。

実際問題、ペンの自重だけで線は書けるのですね。ここに人差し指の3本目が加わると、線が先ほどより安定するのではないでしょうか。

ここからが重要な点です。

必要最小限の力でペンを支えて持ったとき、この状態からどれだけの力を加えていけば安定した線質になるのか。

この境界線を知ることが、ゆったりと優しく筆記するための秘訣になります。

筆圧をかける際に負荷がかかる箇所

(下に向かう力によって筆圧が発生する。握りしめる力は、無駄な力となりやすい。)

サラサラと軽やかな手つきで書くためには、「文字を書くのに過度な力は必要ない」という意識の転換が必要になります。この記事がゴールと定めているのはまさにここです。

持ち方を改善すれば、疲れにくい持ち方が実現できるわけではないのですね。

持ち方の改善は、ふんわりとペンを持つためのきっかけ作りにしか過ぎません。

いつの間にか指先に力が入ってしまう悩みの解消法

しかし、頭では分かっていても、気づくと筆圧が上がってしまい、いつもの痛みを感じてしまうものなんですよね。

「じゃあどうすればいいのか」というと、やはり常に意識するしかないです。力は入れなくても書けるものなんだ、と。

すると、ふとした拍子にふわふわと書けるようになるときがやがて訪れます。恐らく何の前ぶれもなく。「求めていた感覚はこれかもしれない」軽やかに書くための前提が必要だとしたらこの経験だと思います。

そして、たびたび登場する「小指」も重要なキーワードです。ここでは整体師をされている方のブログ記事が参考になります。

ペンで字を書く時、小指を少し曲げて、つまり小指側の筋肉を少し収縮させてしっかりとした支えをつくることによって実際にペンを握って操作する親指と人差し指の動きが軽快で自由になります

ペンを握る親指と人差し指にギュッと力が入ってしまい筆圧が強くなってしまう人は、しばらく字を書いていると手が痛くなりますが、それは動作を行う指も動作を支える指も同じになってしまうからです。

すらすらと字を書くためには小指側の筋肉をしっかりした状態にした上で字を書き続けることがポイントになります。

からだの使い方① | ゆめとわのblog

筋肉の仕組みには、一方が収縮すると他方が解放される連動作用があります。つまり、小指側を軽く曲げると、親指と人差し指の動きが軽やかになるんですね。

反対にペンを持つ手が力んでしまうと、土台となる小指側が緩くなってしまい、本来の機能を果たせなくなります。

作業をするのは親指と人差し指の役割ですが、つかんだものを安定させるのは小指の働きです。

そう考えますと、あまり大した役割はしていないように見えてしまう小指が、実は非常に重要な働きをしていると言うことができます。

からだの使い方① | ゆめとわのblog

各指に備わった機能を理屈として知っておくだけでも、腱鞘炎とは無縁な疲れ知らずのペンの持ち方が実現できます。

持ち方の矯正&筆記が軽やかになる「万年筆」

左「カクノ」 右「ペン習字ペン」

「正しい持ち方」と「筆圧の抑制」を同時に意識するのが難しいと感じる人は、筆記具メーカーのパイロットが発売している入門用万年筆を使ってみてください。

万年筆は、ペンの重みだけで字が書ける感覚を実感しやすい筆記具です。

日常筆記に適した国産万年筆の中でも、持ち方の矯正をサポートするタイプのペン軸は、

万年筆 カクノ(パイロット)
字幅は「中字」「細字」の2種類
種類は「白軸×パステルカラー」「黒軸×ビビットカラー」
キャップは、嵌合かんごう式(パチンとはめ込むタイプ)
定価1,000円+税
ペン習字ペン(パイロット)
字幅は「極細字」のみ
種類は「透明」「黒」
キャップは、ネジ式(保管時のペン先インクが乾きにくい)
定価500円+税

この2本です。

三角軸の形状に近い「カクノ」のペン軸を真上から見た様子

「カクノ」のグリップは、なだらかな三角形の軸になっています。

この三角軸に指を添えると、自然な形でペンが正しく持てるようになります。

カクノのペン軸は、低学年用の「かきかた」鉛筆軸と形状が似ており、指が密着する肌面積を増やすことで、疲れにくい持ち方ができる利点があります。

なだからなくぼみが指にフィットする「ペン習字ペン」のペン軸

ペン習字ペンは、指先が吸い付くようなくぼみを特徴としたペン軸になっています。

矯正力は、ペン習字ペンの方が強く、字幅はカクノ[細字]より一段階細いです。手帳など小さな文字を書き込む際に便利な字幅となっています。

万年筆カクノで実際に書いた様子

万年筆は、ボールペンで書くときと比べてペン先がわずかにたわみ、書き疲れを軽減できるメリットがあります。

また、ペン先の構造上、筆圧が極端に弱い人でもくっきり明瞭な文字を書けるようになります。

あとは実践あるのみです

良くない持ち方だと自覚している人にとっては、普段使っていない指先の腱を酷使するため、指がつります。

私の場合、小指に繋がっている筋肉が特に痛かったです。

最初はへろへろな文字になって違和感がありますが、こればかりは仕方ないです。忍耐強く続けてください。

自転車や逆上がりの練習と同じ要領だと思えば、いつかきっと身につきます。

出典

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます

コメント

  1. みこ より:

    はじめまして 質問なんですが自分は字を書いていると親指が人差し指のところによっていってしまうのですがどうすればいいでしょうか。 アドバイスお願いします。

  2. uta より:

    >>みこさん
    返信できずじまいになってごめんなさい。

    もう少し詳しい情報がないと何とも言えませんが、
    持ち方を矯正する途中で無意識のうちに自分のクセが出てしまい、
    ペンを徐々に立て気味に持ってしまう筆記角度が悪さをしているのだと思います。

    根気強く取り組むことが必要になってきます。

  3. sa より:

    はじめまして、お尋ねしたいことがあります。

    小指は手のひらに当たるように完全に曲げるのでしょうか?
    そういたしますと私の場合、小指を手のひらの方に持っていくと薬指も引っ張られ、そうすると大変中指が不安定になります。
    普段の持ち方は小指も薬指も軽く卵が入るように丸めて全て中指に引っ付けています。

    丁度この返事の内容にのっている画像と同じ持ち方です。

    <<uta 09-04-07 (火) 20:48
    >>ぶんたさん

    参考になるか自信がありませんが、中指と薬指の位置関係が分かる画像だとこんな感じでしょうか。
    http://cumacuma.jp/images/penji/diary/070701r.jpg
    ドクターグリップを紙面に対して約70度の角度で持った状態です。小指・薬指・中指が緩やかな階段状に重なっています。
    私が持ちやすいボールペンの持ち方に過ぎませんので、1つの例として参照していただければと思います。
    それから、記事内の終盤に薬指の項目を追加しました。よろしければご覧ください。

    全て目を通したのですがどうしても分からず、これであっているのか不安だったので書き込ませていただきました。

  4. uta より:

    >>saさん

    ご質問の件ですが、saさんが実践されている持ち方で合っています。

    ペンを立て気味に持つほど、小指は手の平の方へ引っ張られますが、
    それでも密着するような持ち方にはならないはずです。

    ぎゅっと握るような関節がこわばるペンの持ち方はそれだけ疲れやすいです。
    ペンを持つ手はあくまでゆったり、やさしく、ふんわりと。
    「手の平の中に卵がおさまるような」という表現は、自然体を心がけてくださいといった意図があります。

    読ませていただいた文面からは、特に問題はないように感じました。
    どうぞ快適な筆記生活を。

  5. sa より:

    数年前の記事ですので、まさかこんなに早く質問に気付いていただき回答がつくなんて驚きました・・・!

    持ち方も始めた当初はなかなか慣れずに小指が疲れていたりしていたのですが、今ではだいぶ慣れる事が出来ました。
    慣れてきて余裕が出てきたからか、それゆえにずっとこれで合っているのだろうか、質問してみようかと迷っていたことをふと思い出し、今回書き込んでみました。 回答を頂く事ができ、今とても嬉しいです。
    ありがとうございました。

  6. na より:

    小指をく字に曲げて、手のひらにで、紙にさわる部分が少し写真と変わるのですが
    神につけたところは、固定して書くでいいのでしょうか

  7. uta より:

    >>naさん

    文字でのやり取りになりますので、限られた情報では
    どうしても推測の域でしか申し上げられません。

    ご自身の悩みが相手に伝わるか見直した上で
    コメントしていただけると助かります。

  8. miko より:

     ご丁寧な解説をありがとうございました。こういうページを以前から探しておりました
    ので嬉しいです。私の字は漢字やひらがな等が 文章の中で大きさや形が揃っていないのが特徴で なかなかそれが直りません。 持ち方に気をつけて練習します。
    ありがとうございました。  

  9. uta より:

    >>mikoさん
    お役に立てたようでよかったです。

    文中で字粒を揃えるのは、私も苦手です。
    目の前の一文字に集中してしまって、大小のバランスまで気配りできないことがよくあります。

    姿勢を正して文章を俯瞰する形で、木だけでなく森も見られるようになれたらいいのですが、なかなか難しいものです。

  10. maromaro より:

    お世話になります。
    パイロットの教本ではペン先割線の延長線上に人差し指の力点がきます。一方、万年筆「カクノ」での持ち位置は人差し指がサイドにスライドします。
    どう考えればいいんでしょう?
    御指導を御願い致します。

  11. uta より:

    >>maromaroさん

    おそらくこの場合、
    どちらの持ち方が”線を引きやすいか”という視点で捉えた方が
    疑問を解決しやすくなると思います。

    「カクノ」を持った場合、その構造上、ペン軸の平らな場所に中指が位置し、
    その結果として、maromaroさんの仰る「人差し指がサイドにスライドする」状態になります。

    このときのペン先は、笑顔マークが見えるはずで、
    パイロットの教本が示す持ち方と比べて
    手前側にひねった状態でペンを持つことになります。
    (カクノ使用者でないと分からない説明ですが、ここまでは大丈夫ですかね)

    で、「カクノ」の笑顔マークが見える持ち方というのは、
    インクフローが最も良くなるペン先の角度です。

    対して、パイロットの教本が示すペン先の角度は、
    線が細くなりやすい特徴があります。

    万年筆系の持ち方になると、
    ペン先の角度も考えないといけないので
    ややこしい説明になってしまいましたが、
    maromaroさんにとって「線が書きやすく、指先に負担がかからない持ち方」を
    追求すると、答えが見えてくるかと思います。

  12. maromaro より:

    ありがとうございます。
    実は…
    カクノが書きやすいんです。

    アドバイスを頂いたおかげでステップアップ出来そうです。

    しっかり練習し自分のものにするぞ❗️

  13. 坂本 より:

    質問させて頂きます。
    私がこの記事のような持ち方を実践すると、各指が障害となり右下へのはらいが歪なものになってしまいます。
    ペンを立てて書くことでこの事を補っているのでしょうか。
    どうぞよろしくお願い致します。

  14. uta より:

    >>坂本さん

    持ち方を矯正した結果、「木」の最終画のような右払いが上手く決まらない、というお悩みでよろしいでしょうか。

    おそらく、小指を置く位置を固定して書いているのが原因ではないかと思います。
    “小指と紙が接する位置を固定した状態”で右払いを行うと、
    指先の動きが制限され、大きな文字になるほど窮屈に感じる書き方となってしまいます。

    坂本さんの仰るペンを立てて書く方法は、
    ペン先の可動域が広がる有効な手立てのひとつです。

    さらに付け加えるなら、
    小指を置く位置を適宜スライドさせる書き方が根本的な解決策になります。

    小指を紙に押し付け、そこから一瞬たりとも離れない書き方とするよりも、
    小指を置く位置は、ペン先の動きと呼応し、流れるように右下へ滑らせる。
    このようなイメージで右払いを行うと書きやすいのではないかと思います。

    それでもしっくりこないときは、肘をも動かす気持ちで書いてみてください。

  15. ペン子 より:

    握り方は改善されたと思うのですがどうしても力んでしまい、人差し指が反ってしまうのですが、何か対処法ありますか?

  16. uta より:

    >>ペン子さん

    ペンを持った状態で人差し指が反るのは、
    横から見たとき、人差し指の先端から付け根にかけて
    「小さな三角形の隙間」が出来ることが原因と考えます。

    なので、隙間の中心にあたる人差し指の第2関節付近にペン軸を沿えるようにして持つと、三角形の隙間が埋まり、反るような持ち方も改善されると思います。
    (これはペンを立てた状態の持ち方に近いです)

    あとは、力みですね。
    人差し指が反るほど力んでしまうと、立て気味の持ち方から手前に寝かせるような持ち方へいつの間にか変化してしまいます。
    強く握らない意識づけもそうですが、ペンを立てた状態のフォームを維持するように心がけると、力みの問題が徐々に解消されるかもしれません。

  17. ペン子 より:

    丁寧なご説明ありがとうございました。
    おかげで人差し指の反りは直ったと思います。やはりまだ力みがでてしまうので頑張って練習しようと思います。

  18. nobo より:

    はじめまして。
    手が震えて、思うように動かせません。線が波うったり、グンッと勝手に手が動いたりします。さらさらと書けるようになるのが憧れです。医者にはおそらく書痙だといわれ、薬を飲んだこともありますが、よくなりません。良い対処法をご存知ではありませんか?きれいな字が書きたいのです。

  19. uta より:

    >>noboさん

    はじめまして。
    noboさんの場合、コメント欄での提案や助言は軽率なものにしかならず、
    そのくらい解決が難しい問題のように感じます。

    ・症状が出たのはいつ頃なのか
    ・どのような場面で起こるのか
    ・文字を書くときに限定した症状なのか
    ・利き手の反対で書いた場合はどうなのか
    ・心理的なものなのか、身体的なものなのか
    ・職業に起因するものなのか
    ・ストレスが強く関係するものなのか

    おそらく、このような質問事項から専門医は書痙と診断して、
    お薬で改善されないということは、また別のアプローチを試す必要があると推察します。

    私の方でも色々調べてみましたが、
    書痙の治療実績がある心療内科、もしくは機能神経外科をあたってみる他はないというのが精一杯の返答になってしまいます。

    その上で、今できる事として、持ち方のフォームを改善してみる価値はあると思います。
    正しい持ち方で丁寧な書字ができる所作は、疲労軽減だけでなく、人前で書く緊張感や心理的な負担を和らげる効果があります。

    症状の原因が詳しく分からないことには、返答のしようがないのが心苦しいところですが、
    少しでも良くなることを願っています。

  20. nobo より:

    お返事をくださり、ありがとうございました。本当に悩んでいるので、涙が出るくらいの気持ちです。
    もともと緊張しやすく、字を書く時は特に力みがちだったのですが、通信教育のペン習字を始めて半年くらいでしょうか、酷くなってしまい、お手本をなぞることさえ出来なくなりました。人前に限らず震えます。上手く書きたい気持ちが強すぎるのだとわかっていても、気持ちのコントロールは難しいです。
    ペンの持ち方を練習し、自信をつけるしかないのかもしれないですね。気長に頑張ります。

  21. uta より:

    >>noboさん

    私は医者でも何でもないので、ここから先に書くことは軽く聞き流してください。

    もしご自身の中で、症状の原因が心の側にあるとお考えでしたら、いま取り組まれていることは、いつかきっと実を結ぶと思います。

    ペン習字歴が半年ということは、おそらく今がいちばんの耐え時で、効果が一向に上がらない辛い時期かもしれません。
    ペン習字は、いってみれば、自分の身体(特に手先)を正確に動かす訓練なようなもので、続けるほどに自己修正能力が磨かれます。

    これはペン習字さえ継続していれば、症状が改善されるという意味ではなく、一歩引いた視点で手先の動きを観察し続けることで、どのような気持ちが沸き起こったときに手が震えてしまうのか、その傾向がおぼろげながらも見えてくるはずです。

    その気持ちを人に説明できるくらい客観視することができれば、それは別のお薬で和らげることができる問題なのか、認知療法といったカウンセリングが必要になってくるのか、解決の糸口が見つかるかと思います(これは病院で症状を説明する際にも有効です)。

    私も一発勝負で清書するときは、手が震えたり頭が真っ白になったりすることがよくありました。
    今になって振り返ると、”失敗できない恐れ”がそうさせていたのかもしれません。
    そんな不安な気持ちをどうやって解消したかというと、練習量を増やして自分に自信をつけたり、ここまで練習したなら失敗しても仕方がないと納得したりすることが突破口になりました。

    noboさんの場合は、もっと根深いところで不調を抱えているのかもしれません。
    心身を穏やかにして書くためには人並み以上の訓練が必要になるかもしれませんが、どうか諦めずに続けていただきたいです。

  22. nobo より:

    この症状が気になりだして、3年近くなります。諦めていたのですが、もう一度頑張ってみようかと思いました。
    他の人にはなかなか理解してもらえないので、このようなあたたかいアドバイスをくださったこと、感謝いたします。
    ありがとうございました。

  23. as より:

    私も字は下手でしたが、今年になって文字が震えるのを孫に指摘され医者にも行きましたが、「余り気にしないように」と言われました。ペンの持ち方がおかしいと思いました。親指を人差し指の下に入れると安定するのでここ10年はそうしていました。正しい持ち方でチャレンジしてみますが、指に力がはいりません。

  24. uta より:

    >>asさん

    状況を整理しますと、
    ・書字が震えるようになったのは、1年以内の出来事
    ・従来のペンの持ち方だと、書く線が安定する
    (けれど、その方法でも文字がくずれるようになった)
    ・正しいペンの持ち方に変えたところ、指先に力が入らず、困っている

    といったところでしょうか。

    文字を書く際の震えに関しましては、
    手先の筋力が関係する症状なのか、それとも精神的な変調から来るものなのか、
    この辺りの原因を知ることが、悩みを解消する最初のステップになると考えます。

    お医者様に「気にするほどのことではない」と診断されてしまっては、
    途方に暮れてしまうかもしれませんが、
    もし「指に力が入らない」状態が気にかかるようでしたら
    指先の力を鍛えるトレーニングもありますので、
    そういった方面からご自身なりに改善されていくといいかもしれませんね。

    他に考えられる原因としては、
    これまで使っていた指の腱と、正しい持ち方で使う指の腱が一致していないため、
    いまいち力が入らないのかもしれません。
    持ち方の矯正は、1ヶ月もすると慣れてくる実感がありましたので、
    忍耐強く続けてみてください。

  25. naoyuki より:

    はじめまして、繰り返しこちらのサイトを見返しながら字の練習をしております。

    正しいボールペンの持ち方についてお尋ねいたします。
    こちらのサイト様をはじめ多くの手本では
    「人さし指はボールペンを巻き込むように持つ」と解説されていますが、「人さし指とボールペンの間に少し空間を持たせる」と解説しているケースもあります。

    人さし指の第2第3関節の間でペンを支えるように持てば自然に前者のような持ち方になり、後者の持ち方では第3関節付近から親指の付け根の間でペンを支える格好になります。

    果たしてこの違いは綺麗な字を身に着けるうえで大きな問題になるのでしょうか、気にするほどのことでもないのでしょうか。
    お返事いただけると幸いです。(既出でしたら申し訳ございません)

  26. uta より:

    >>naoyukiさん
    はじめまして。
    そうですね。どちらか一方の持ち方に統一してもらった方が迷わず実践できて分かりやすいですよね。

    両者の違いを筆記角度の観点から比べてみますと、

    「人さし指はボールペンを巻き込むように持つ」持ち方の場合、筆記角度は50度~90度近くまで調整が利きます。

    一方、
    「人さし指とボールペンの間に少し空間を持たせる」持ち方の場合、筆記角度は40度付近で固定されてしまいます。

    ボールペンで字の練習をする場合、インクが掠れない推奨角度で筆記できる持ち方は、前者なんですね。

    書きづらさを感じながら無理に練習を続けると上達を阻害しかねませんので、快適な筆記環境が手に入る意味としましても「人さし指はボールペンを巻き込むように持つ」持ち方の方が、この場合、適していると考えます。

    筆記角度を調整できる持ち方は、様々な筆記具にも対応できる汎用性があります。

  27. naoyuki より:

     早速のお返事ありがとうございます。

     こちらで解説されている正しい持ち方で書くと、ペン先がスラスラ動かせることは私自身実感しておりますが(うまい下手はべつとして・・・)中には「合谷のあたりにペンを置くのが正しい持ち方」と解説している方もいらっしゃり、あまりにも違いすぎるのでお尋ねさせていただきました。結論から言えばすでにこのサイト内で明確な説明がなされていることでしたね。

     手本となる字をちゃんと見ているようで実は見ていないことをつくづく実感しつつ「守」「破」「離」の「守」に日々悪戦苦闘中ですが、持ち方を正したことで以前に比べ手の疲れを感じず練習できるようになりました。

  28. uta より:

    >>naoyukiさん

    正しいペンの持ち方は、ペン習字の上達を支える基礎技術としても役立ちますし、中級、上級と出来ることが増えると、微妙な筆圧の調整においても恩恵を感じるかと思います。

    奥行きを感じる立体的な線が書けるようになると、単なる文字に風格が表れ、見る人を惹きつけます。過程を楽しみながらどうぞ頑張ってください。