「ヒ」の第一画、右から? 左から?

「必」や「飛」の筆順はややこしく、そして覚えにくい。何度も記憶したはずなのに肝心なときに思い出せない。今も正しく書けるかどうかちょっとあやしい。

それに比べて、カタカナの「ヒ」は簡単だ。単純すぎる。一画目はヨコ棒を書いて、次にタテ画から右へのカーブ。そう、カタカナの「ヒ」は最初にヨコ棒を書くものと相場が決まっている。

では、その第一画はどちらから書くのだろうか。右から書くのか、それとも左から書くものなのか。

ちょっと調べてみた

「そんな些細なことどうでもいいじゃないか」と聞こえてきそうですが、今回はカタカナの「ヒ」について掘り下げてみます。と思ったら、同じ疑問を持った人が既に質問していたようで、回答が何件かありました。

寄せられた回答をまとめると、

  • 小学校の教育では左から書く
  • 書道では右から書く
  • 書きやすい方向でおk

あれあれ。どれがベストアンサーなのでしょうか。

字の原則に従えば、線は「上から下」「左から右」へ書くことになっています。しかし、「ヒ」については書き方が定まっていないようです。筆順サイトで調べてみても、左から書く場合と、右から書く場合があります。

Wikipediaでは「右から左へ」。そして、現在受講している通信講座のテキストでは、「左から右へ」と記述されています。

ややこしくなってきたぞ。もう少し調べてみよう。

「ヒ」の字源は「比」

「ヒ」の字源

ひらがなやカタカナは、漢字がベースとなって形成されました。特にカタカナの場合は、漢字の一部をくずしたものが多く、「ヒ」は「比」の右部分が由来となっています。字源から考えると、一画目は右からになりますね。

教科書出版社による筆順

新潟県の小学校教諭の方が、出版社による筆順の違いを調査していました。ヤフーのキャッシュとしてかろうじて残っています。
カタカナの「ヒ」の第1画の筆順についての教科書分析

分析結果を簡単にまとめると、

第一画が左から
22冊
第一画が右から
5冊
明記されていない
31冊
未調査
19冊

データとしては少し不完全ですが、大体の傾向はつかめます。

  • 平成4年までは、出版社によって書く方向が分かれていた。
  • 同出版社でも第一画の筆順が移り変わっている。
  • 平成17年版においては、第一画が左から右へ統一されている。

現在の小学校教育では、「ヒ」の一画目を左から書くように教えているんですね。

まとめになってないまとめ

結局、正確な答えは見つかりませんでした。『筆順指導の手引き』に記された筆順が絶対ではないように、正しい答えはないのかもしれません。

ということで、よりキレイな字として見せるには次のような書きかたが望ましいです。

「ヒ」の一画目はこう書く

硬筆
左から右へ
書道
右から左へ

硬筆では学校教育に倣って左から。書道では淀みなく筆を運ぶために右から

やや強引なまとめ方となってしまいました。

コメント : 2

若楓 09-06-07 (日) 13:25

『筆順指導の手引き』などにも記載されていると思われますが、「許容の範囲」というのがあります。

小学校の教諭免許の取得の場合に国語の単位も必要だと思われますが、小・中の場合は国語の内容に書写が含まれます。ですから、その学習の折に、学ばないといけないと思われますが・・・。

「許容の範囲」というように当時の文部省で決められているのでは、方向として、どちらでもいいことになっております。

その他、木という文字の縦画の最後ははねてもよいととかあります。

筆順は間違って使用しても罰則がありませんが、よりスムーズな学習の助けになりますので、学習するのは大切だと思いますが、歴史的に見て、たくさんの筆順を持つ文字も多いので、それにこだわりすぎず、筆記用具の正しい持ち方や姿勢などの事のほうに力を注いだほうが、より多くの学習効果があると思います。

楽に鉛筆が持てる子どもは学習が苦になりません。

最近、指先の力がなくて、細かい作業の不得意な子どもが多く、筆順どころではなくなってきたようです。

uta 09-08-24 (月) 11:31

>>若楓さん
補足説明ありがとうございます。
筆順を学ぶ際の基準に「許容の範囲」という言葉を使われてしまうとなかなか困ってしまいますね。

コメントを残す

Home > ブログ > ペン字のコト > 「ヒ」の第一画、右から? 左から?

Return to page top

サイトについて

「通信教育で悪筆は直るのか」をテーマに掲げ、これまでの道のりや気付きをまとめたサイトです。

これからペン習字を始める人にとって役立つ記事を中心に書いています。

>>サイトを通して伝えたい3つのコト

管理人について

うた

ペン習字歴9年くらい。

大人になれば、それらしい字が書けるだろうと高をくくっていたら、そんな気配はさらさらなく。

成人となった年を境に通信教育で習い始めました。

>>ペン習字を始めたきっかけ