日ペン講習会を受講しました レジュメや感想など

秋頃に東京で開催された日ペンの講習会に参加してきました。

まだ参加したことがない人に向けてどのような講習会だったのかまとめておきます。

参加者と男女比について

70名定員の講習会でしたが、当日の参加者は30名ほどでした。そのうち、日ペンボールペン習字講座の特典である「無料参加券」を使って参加した方は2人でした。

前回開催された講習会では定員以上の応募があったようで、その影響もあってか、今回の講習会は定員割れしたのではないかという話です。

少ない参加人数のほうが個人添削していただける時間が増えます。ゆったりと座れる空席率でややラッキーな回でした。

男女比は女性7:男性3といったところで、年齢層は幅広く感じました。女性に支持されている習い事であることを改めて感じます。

日ペン講習会の主な流れ

私の場合は、水道橋駅の近くにある「全水道会館」というビルの会議室で、10:30から16:00までの間、缶詰状態で講義と添削を受けました。

以下は、もう少し詳しい時間の流れです。

9:30 ~ 10:30 参加者の受付

開始時刻の1時間前に事務員の方がいらして受付を開始しました。

参加手続きを済ませると、受付番号が記された「添削カード」(ネックストラップ)が配布されます。

講習会が開催された教室の様子

席は自由に選べます。講義中はホワイトボードに絶えず板書しながら解説が入るので、左側の席に座ったほうが、右利きによる先生の板書の立ち位置と被らず、見やすく快適です。

10:30 ~ 11:30 田中鳴舟先生による講義

競書課題をきれいに書くコツについて、字形の組み立て方を中心に講義を受けました。

田中先生の著書である『いつのまにか字が上手くなる本』をベースとした解説といえば想像がつくかもしれません。手本なしで美しい字を書くための法則を教えていただきました。

11:30 ~ 12:15 個人添削

持ち寄った清書を各人1枚ずつ添削してもらいます。

受付した先着順に番号が決まる添削カード

「添削カード」の番号順に田中先生から10分程度の添削指導を受けることになります。

自分の番が来るまでは、

  • 添削の様子を見学
  • 田中先生の他に待機している2人の先生に作品を見ていただく
  • 展示されている優秀作品の鑑賞
  • 簡易売店での買い物
  • 自主練習
  • 気の合う人との交流

基本的に自由時間です。

実際に添削を受ける側になると、自分の作品が衆目に晒される緊張感を持つかもしれません。しかし、第一線で活躍されている先生の添削指導にかかれば、作品の上手い下手に関わらず、机を囲む見学者も含めて為になるよう料理していただけますので、不安に思う必要はないように感じました。

12:15 ~ 13:00 昼食

用意されたお弁当を食べた後は簡易売店で買い物ができます。

簡易売店で並んでいたモノ

会議室内の長机を2つ使って商品が並んでいます。『硬筆書写テキスト』は書店では流通していない、赤表紙の冊子です。

事務員の方もペン習字経験者なのか、商品についての知識が豊富でした。各種ペン先の違い、競書用紙の紙質の違いなどについて教えていただきました。

簡易売店で購入したモノ

競書用紙を現地調達できるのは、送料がかからない点でかなりお得感があります。『筆ペン標準字典』は筆ペン部の昇格試験を見越して入手しておきました。

13:00 ~ 14:00 平田秋蹊先生による講義

平田秋蹊先生の配布プリント

休憩時間が終わると、美しい字形の組み立て方について講義を受けます。

当日の講義は、午前・午後の部ともに初学者の人ほど驚きや発見が多い内容であったかもしれません。

14:00 ~ 16:00 個人添削

残りの時間は、講習会終了まで個人添削が続きます。

積極的に添削を受けなかった人でも、計3回は指導を受ける時間的余裕がありました。

講習会に参加するともらえる受講証明書

田中鳴舟先生から添削を受けると「受講証明書」が手渡されます。

日ペンで師範位を取得するにはその条件として、「3段以上で講習会への参加」が義務付けられていますので、昇格試験を受験するにあたってはこの受講証明書が必要になります。

そのため、講習会へ参加する層が経験者に偏ってしまいがちで、無料参加券を利用した人からは、「総じてレベルが高く、場違いなように感じた」という声を時おり耳にします。

※現在は、年に1回ほど初心者対象スクーリングが東京で開かれています。

実際に参加してみて

対面での添削機会が極めて少ない通信教育生としては、普段経験できないことばかりで良い刺激になりました。

通信添削では意図が伝わりにくいちょっとした朱筆が、言葉による解説が加わるとこんなにも含蓄があるのかと驚きもあり、通学して習ったほうがそりゃ効率がいいよなぁと少し悔しくもあり。

特に勉強になったのは、競書誌『ペンの光』で掲載された優秀作品を存分に鑑賞できたことでしょうか。

印刷で失われてしまう肉筆の繊細さを目の当たりにできたのが一番の収穫だったかもしれません。様々な作品を見て触れて、長机の上に自由に配置して比較したりと、ここでしかできないことを堪能できました。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます