ペン習字 通信講座の比較表(完全版)

通信教育で学べるペン字講座をネット上で探してみると、片手の指では数えきれいないほど多くの講座が見つかります。

選択肢が増えるのは、選ぶ側としてありがたいことですが、その中から自分に合った講座を探し出すのは、なかなかの手間です。

そこで、「3つの基準で見比べる、長続きする通信講座の選び方」でも紹介したチェックポイントと照らし合わせた上で、

このページで紹介する通信講座は、

  • 初めてペン習字を習う人に向けたカリキュラムが組まれている。
  • 硬筆を専門とした団体もしくは講師が監修している講座である[1]
  • その講座を修了した後も同系統の手本で長く続けられる仕組みがある。

といった条件をクリアした講座に限定し、表にまとめました。

初心者向けの通信講座 一覧

費用・期間で比較したとき

※通信講座のリンクをクリックすると、公式ページへ移動します

通信講座 費用 期間
(最長)
添削
一括 分割払
実用ボールペン字講座
(ユーキャン)
31,000円 可能 6ヶ月
(18ヶ月)
12回
ボールペン習字講座
(日ペン)
28,900円 可能 6ヶ月
(12ヶ月)
12回
パイロットペン習字通信講座
(PILOT)
12,960円 不可 12ヶ月 12回
55段階ボールペン字講座
(四谷学院)
29,000円 クレカのみ 3ヶ月
(12ヶ月)
18回
ペン習字基礎講座
(日本書道教育学会)
15,900円 不可 6ヶ月 8回
文化ペン字講座
(代々木文化学園)
16,800円 不可 無期限 3回~
新・実用ボールペン字講座
(ヒューマンアカデミー)
28,500円 クレカのみ 6ヶ月
(12ヶ月)
12回

硬筆をも専門とする団体の通信講座に絞ると、それほど数は多くありません。

価格のバラつきが大きいために、受講費の安さを決め手としがちですが、ペン字の練習を習慣づけてくれる講座はどこだろう、といった視点で探してみると、「この先生の手本が好き過ぎて、いつまでも書いていたい」とか「添削の字が美しすぎて私もこんな所作を身につけたい」など、手本周りの相性(その中でも強い憧れ)が重要になってくるのかなと感じる節はあります。

通信講座を修了した後のステップ

アルファベットが若いほど、初学者向けの講座内容と関連性があります。

通信講座 次のステップ
実用ボールペン字講座
(ユーキャン)
a.「楽しいボールペン習字講座」を受講する
b.「ユーキャンの続け字講座」を受講する
c.「新・速習筆ペン講座」を受講する
d.「くらしの筆文字講座」を受講する
e.「賞状書法講座」を受講する
ボールペン習字講座
(日ペン)
a. 競書誌『ペンの光』の購読
b.「速習筆ぺん講座」を受講する
c.「実用賞状書士養成講座」を受講する
パイロットペン習字通信講座
(PILOT)
a.中級・上級コースへ上がる
b. 競書誌『ペン時代』の購読(B系統のみ)
55段階ボールペン字講座
(四谷学院)
a. 競書誌『書蒼』の購読
b.「55段階 筆ペン字講座」を受講する
ペン習字基礎講座
(日本書道教育学会)
a.「ペン習字教育講座」を受講する
b. 競書誌『ペンの力』の購読
文化ペン字講座
(代々木文化学園)
添削券(3枚1組900円)の購入による生涯学習
新・実用ボールペン字講座
(ヒューマンアカデミー)
a. パイロットペン習字(C系統)へ移行する
b.「賞状技法士養成講座」を受講する

aの選択肢が中級のステップとしてふさわしく、b → c と進むにつれ、より上級へ、もしくは筆ペン・小筆を用いた実用書道の分野に進む構成になっています。

まとめた表の特徴としては、「ペン習字の先生が監修する一連の講座を受講すると、最終的には毛筆細字による実用書道の道が開ける」傾向にあるようです。

毛筆関連の技術があると、代筆や書状の作成などで幅が利き、職場で重宝されますし、将来的に教室運営を考えている人にとっても、レッスンメニューを増やすきっかけになります。

このうち、私が受講した通信講座については別ページで感想付きレビューを行っています。

初めて受講した講座
実用ボールペン字講座を修了しました その効果について
好きな手本を基準に選んだ講座
パイロットペン習字通信講座 私の所感
基礎のやり直しを目的に受講した講座
日ペンのボールペン字講座 私の所感
ペン字教本の良書『ペン字精習』をメインテキストに据えた講座
新・実用ボールペン字講座 私の所感

※時系列順に並べています

書店でよく見かけるあの先生の通信講座

中級者向けのステップが少ない難点はあるものの、手本の書きぶりが好みでしたら、こちらの通信講座も候補に入ります。

通信講座 費用 期間
(最長)
添削
一括 分割払
基礎からのボールペン字講座
(NHK学園)
22,000円 クレカのみ 6ヶ月
(9ヶ月)
6回
美しい文字が手に入るペン字講座
(日経WOMAN)
26,000円 クレカのみ 6ヶ月
(18ヶ月)
6回
基礎からのボールペン字講座
監修:和田康子先生
ボールペン字練習帳に関する発行部数が多い先生です。
中級編となるステップは、NHK学園「くらしのつづけ字講座」
美しい文字が手に入るペン字講座
監修:青山浩之先生
分かりやすい美文字メソッドで好評を博し、書写教育の分野にも携わっている先生です。
  1. 書道団体が監修するペン習字講座を含めると選択肢は多岐に渡りますが、これらの手本は書風の個性が強く、書きぶりも一定ではないため、習いやすさの観点から候補外としました。 []
スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます