ペンの正しい持ち方と矯正方法 【ペンだこが出来やすい人へ】

正しいペンの持ち方を習う機会は本当に少ないです。

小学校でそれらしい手ほどきを受けてからは、表立って持ち方を見直されることもなく、自ら進んで持ち方を直そうと思ったときには、一度身に付いた頑固なクセが固着しています。

「自分でもおかしい持ち方だと自覚はしているけれど、どうやって直したらいいのかよく分からない

「変な持ち方のせいで、書き続けていると指が痛くなり集中できない

そんな人のために、持ち方の見本だけでなくそれぞれの指の力加減も踏まえて詳しく解説していきます。

↓お探しの情報にすぐにアクセスできます

ペンの持ち方を見直したい人は…
「正しいフォーム」の説明へ
握る力が強く、指の痛みにお悩みの人は…
「もちかた矯正グッズ」の説明へ

はじめにまとめ

手の大きさや指の長さには個人差があり、それぞれに合った持ち方は微妙に異なります。

ここで紹介する持ち方は基本フォームに留めてもらい、ある程度なじんできたら、今度は自分にとって最適な持ち方にチューニングしてください。

難しいことは特にありません。その持ち方がしっくり来たらほぼ正解なのです。

疲れない持ち方がもたらす様々な効果

この記事がゴールとする地点は、「力を入れなくても字は書ける」という意識の転換です。

ふんわりと優しい持ち方へ改善することで、

  • ペンだこの悪化を防ぎ、指の形がきれいになる。
  • 長時間の筆記でも疲れにくく、集中力が長続きする

といった、副次効果があります。

ペンの重みだけで線が引ける持ち方は、それだけで指先の疲労感を軽減できます。

ちょっと長いですが、正しく持ってサラサラと書くために必要な情報を全て盛り込みました。繰り返し読みながら実践してみてください。

紙の裏にまで凹凸が残る強い筆圧は「なんと無駄な力であったことか」と体感できるようになったらゴールは目前です。

真似してみよう 持ち方の見本

横から見た正しいペンの持ち方

下から見た正しいペンの持ち方

一人称(本人)視点による持ち方が分かりやすい参考図書として、『10日で「美文字」が書ける本』があります。

著者は、書写・書道教育の研究にも携わっている青山浩之先生です。

付録のDVDから正しい持ち方を360度チェックできます

この本では、正しいペンの持ち方は「握る」のではなく「つまむ」ようにと説明しています。

くるりん法でペンを持つ

  1. 机の端からペン先がはみ出るように置き、親指と人差し指でつまむ(つまむ位置は、ペンの先端から約3cm)。
  2. ペンを上に持ち上げ、中指で押し出しながらくるっと手前にひっくり返す。
  3. 中指をペンに添えて、3本の指で軽く持つ

(NHKまる得マガジン「さらばクセ字!初めての美文字レッスン」より)

青山先生考案の「くるりん法」を使うと、わずか3つのステップで正しくペンが持てるようになります。

筆記具によって持ち方の角度が変わる例

それぞれの筆記具には、“推奨される持ち方の角度”が存在します。

ボールペン
60度~90度
鉛筆
55~60度
万年筆
書きたい字幅に応じて(55~60度が適当)

正しい持ち方ができると、筆記具に応じて持つ角度を柔軟に変更できます。

ポイントは、人差し指の第2~第3関節の間にペン軸を置くことです。

つぎの参考例をもとに書きやすいと感じる角度を探してみてください。

ボールペンを持ったときの角度

横から見たボールペンの持ち方

(ペン軸を第ニ関節に寄せて持つと垂直に近い角度になる)

ボールペンの場合は、ペン軸をやや立て気味にして持つと、線がカスレず、快適な書き味を維持できます。

ボールペンの筆記角度

ボールペンは紙の上でボールが回転することで、ペンのインクが紙へ転写します。そのため、ボールが回転する60°~90°の筆記角度で筆記するのが理想的です。

お客様相談室 紙の上でボールが回らない場合 | 三菱鉛筆株式会社

鉛筆を持ったときの角度

横から見た鉛筆の持ち方

(人差し指にぴたっとくっ付けるようにして持つと、安定した線が書ける)

人差し指の曲げ具合をやや緩めると、標準的なこの角度になります。

万年筆を持ったときの角度

横から見た万年筆の持ち方

(ペンを寝かせて持つときは、ペン軸を第三関節に寄せて持つ)

万年筆は少し寝かせるようにして持つとペン先が引っかからず、スムーズに字が書けます。

このように、ペンを持つ角度は、人差し指の第2~第3関節の間で調節できるんですね。

人差し指をペン軸に巻きつけるようにして持つと上手にできますよ。

それぞれの指の力加減について

「ペンがずり落ちない程度に支える」

この状態を基本として、親指と中指でペンを持ち、人差し指はタテ線を書くときの「ナビゲーター」。小指は「土台」役。

それぞれの指にこのような役割を与えます。

正しくペンを持ったときの親指と中指の配置(下から見たとき)

このような持ち方に人差し指を添える、だと分かりやすいでしょうか。

正しくペンを持ったときの親指と中指の配置(横から見たとき)

この持ち方でしたら、人差し指は「タテ線を書くときに少し曲げるだけ」という仕事に専念でき、ぎゅっと押さえつけたときの痛みから解放されます。

図解 [ペンを正しく持ったときの各指の力配分]

(もし指が痛むなら"親指に力が入りすぎている"と原因を特定しやすい)

ペンを優しく持ったときの力配分を図に表してみました。

親指を軽くあてがい、中指、人差し指の付け根を支えとする力の配分ができると、指先への負荷を最小限にできます。

  • ペン軸を引っ張り上げたら簡単に抜けてしまった

このくらいペンを軽く持てたら上出来です。

でも、こんな不安定な持ち方では満足に線が書けないはずです。

ここで一工夫が入ります。小指を軽く「くっ」と曲げることです。

小指の使い方について詳しく

ペン習字の教本ではめずらしい「体の上手な動かし方」について言及している書籍をベースに小指の使い方を説明します。

小指が働けば字は劇的に上手くなる

おそらく多くの方は、

  1. 人差し指
  2. 親指
  3. 中指

の順番で、力を入れていると思います。

直接ペンを握るその三本の指に力が入るのは当然のことですが、ずっとそのままの状態が続くと、手はかなり疲れてくるはずです。(p70)

『まっすぐな線が引ければ字はうまくなる』 高宮 暉峰(2006年)

私も以前は、人差し指の腹に思いっきり力を入れて書いていました。

指先の色が真っ白になるほど力んでしまっては、短時間の筆記でも疲労してしまいますよね。

では、疲れずにボールペンを安定させるには、どうやって持ったらよいのでしょうか?

それは、ずばり「小指」に力をいれるのです。

ボールペンを持っているとき、小指は軽く握られた状態になっています。

この状態のまま、小指を手のひらにくっつけるようにして、軽く力を入れます。

ぎゅっと握り締める必要はありません。軽く「くっ」と力を入れてみてください。

小指に軽く力を入れると、手のひらの中心と下の部分に自然な力が入ります。これが大切なのです。

この部分を支えにしながら、ボールペンを握ると、ペンを持つ腕の下側に力が入ります。(p70,p71)

『まっすぐな線が引ければ字はうまくなる』 高宮 暉峰(2006年)

つまり、小指を土台とする意識でペンを持ち、軽く「くっ」と曲げると、しっかりとした支えができるため、安定した線が書けるようになるわけですね。

どうでしょうか。先ほどよりも少しは冴えた線が書けるようになりましたか。

写真で詳しく説明しますね。

小指を曲げたときに筋肉の張りを感じる箇所

(変化が分かりやすいように、小指に相当の力を入れて曲げています)

腕をまくって観察してみてください。

おじぎをするように小指を曲げたとき、小指側の側面に筋肉の張りを感じるはずです(ピクピクと動く箇所が見つかれば、出来ている証拠)。

この固定感を土台として筆記したとき、3本の指でペンを握りしめなくても字は書ける感覚を掴めるかと思います。

しっくりとくる小指の曲げ具合には個人差がありますので、各自で調整してみてください。

用紙に触れる手の位置について

意外と見過ごされているのが、紙と手が触れる位置です。

用紙に触れる手の位置を下から見たとき

写真のように、2箇所の赤丸部分が紙と触れるようにして手を置きます。

小さな赤丸は、小指の第一関節を指しています。

大きな赤丸は、小指側の手のつけ根を差し、この場所を小指球しょうしきゅうと呼びます。

紙に触れる部分は、基本的にこの2箇所のみです。

「小指の第一関節」と「小指球」を支点にして筆記したとき、手首から肘までの部分(前腕)が机から少しだけ浮く理想の状態となります。

手の側面全体をべったりと置いてしまうのはNGで、この状態では、机と前腕が摩擦してしまい、スムーズに筆記移動できません。

最後に余った薬指はどうすればいい?

いただいたコメントから、深く意識すると混乱する箇所のようです。

親指・人差し指・中指の位置さえしっかり決まれば、薬指も感覚的にしっくりくるポジションが見つかります。

参考までに私の場合、筆記中の薬指は、中指と同程度の曲げ具合で折り重なり、紙にギリギリ触れない程度に浮かせて書いていました。

ここまでのおさらい

正しい持ち方のフォームは?
「くるりん法」でつまむようにしてペンを持つ。
筆記しやすい持ち方の角度は?
約60度を基本として、ボールペンは軸を立て気味にして持つ。
それぞれの指の力加減は?
親指と中指でペンを持ち、人差し指はタテ線を書くときの「ナビゲーター」。小指は「土台」役。
ペンを持つ3本の指は、ペンが抜け落ちない程度のふんわりした力加減。
どうしても力んでしまうときは、小指を軽く曲げて余計な力みを肘へ流す。
手と紙が触れる位置は?
「小指の第一関節」と「小指球しょうしきゅう」の2箇所。
どうしても親指が痛むんだけど、なにか対策はある?
人差し指のぷにぷにしたところに親指を乗せると痛みが和らぐよ。

正しいペンの持ち方をおさらいできる図解

『さらばクセ字! 初めての美文字レッスン』 p7より)

ここまで読んだ方なら、上の画像のチェックポイントをすべて理解できるはずです。

「小指球」を固定した書き方は、大きな文字を書く際に窮屈に感じるため、場合によっては肘をも動かす気持ちで書くと、楽に書けます。


ひとまずお疲れ様でした。

ここから先は、筆圧が強すぎて指を痛めやすい人のために、ゆったりと優しく筆記できるコツについて説明していきます。

サラサラと軽やかな手つきで書くためには

丁寧に書こうと思うほど指先に力を込めてしまう書き癖は、私もかつてそうでしたのでよく分かります。

ペン軸を強く握りしめると、ペン先はブレず安定した線が書けるため、失敗できない場面で強張った持ち方となってしまうのは当然の成り行きです。

しかしその強く握った持ち方、果たしてそこまでの力が必要でしょうか。

試してみてください。親指と中指の2本でペンを持ち、ペンの重みだけで字を書くと、おぼつかない書き方でありながらも、インクはたっぷりと出てきます。

実際問題、ペンの自重だけで線は書けるのですね。ここに人差し指の3本目が加わると、線が先ほどより安定するのではないでしょうか。

ここからが重要な点です。

必要最小限の力でペンを支えて持ったとき、この状態からどれだけの力を加えていけば安定した線質になるのか。

この境界線を知ることが、ゆったりと優しく筆記するための秘訣になります。

サラサラと軽やかな手つきで書くためには、「文字を書くのに過度な力は必要ない」という意識の転換が必要になります。この記事がゴールとしているのはまさにここです。

持ち方を改善すれば、疲れにくい持ち方が実現できるわけではないのですね。

持ち方の改善は、ふんわりとペンを持つためのきっかけ作りにしか過ぎません。

図解 [いつまでも楽に書ける書き方のコツ]

(下に向かう力によって筆圧が生じる。握りしめる力は、無駄な力となりやすい)

ここすごく大事なところなので、書き方の違いを比較して説明しますね。

指先に疲れが残る書き方
ペンを持つ3本の指にぐぐっと力を加え、その圧力を紙面に伝えながら文字を書く。
せっかく持ち方を正しても、これでは指の痛みを感じやすい
いつまでも楽に書ける望ましい書き方
手全体でペンを包み込むようにして持って、手の重みで文字を書く(そんなイメージで)。
すると、紙をやさしく撫でるような書き方となり、筆圧ゼロでも線が書ける。
太く濃く書きたいときは、ペン軸を下に押し込むような気持ちで筆圧をかける。

先述した「必要最小限の力でペンを持った状態から徐々に力を加えていく」というのは、指先の握力を強める意味ではなく、上から下に向かう力(手の重み)をどれだけ加えていくかということなんですね。

指先のみを酷使する書き方から、手全体を使った書き方へと変わるため、とにかく楽に書けますし、極端な言い方をすると「指先を曲げなくても字は書ける」そういった筆記も出来るようになります。

このような楽に書ける書き方を身につけた人は、鉛筆の濃さがHBでは線が薄すぎて実用に耐えないため、2B以降に切り替えるなど、筆記具の環境を見直す必要が出てきます。

「ゆったりふんわりと字が書ける状態」とは、それほどの変化をもたらします。

気付いたら指先が力んでしまう悩みの解消法

しかし、頭では分かっていても、気づくと筆圧が上がってしまい、いつもの痛みを感じてしまうものでして……。

「じゃあどうすればいいのか」というと、やはり常に意識するしかないです。力は入れなくても書けるものなんだ、と。

すると、ふとした拍子にふわふわと書けるようになるときがやがて訪れます。恐らく何の前ぶれもなく。「求めていた感覚はこれかもしれない」軽やかに書くための前提が必要だとしたらこの経験だと思います。

そして、たびたび登場する「小指」も重要なキーワードです。ここでは整体師をされている方のブログ記事が参考になります。

ペンで字を書く時、小指を少し曲げて、つまり小指側の筋肉を少し収縮させてしっかりとした支えをつくることによって、実際にペンを握って操作する親指と人差し指の動きが軽快で自由になります

ペンを握る親指と人差し指にギュッと力が入ってしまい筆圧が強くなってしまう人は、しばらく字を書いていると手が痛くなりますが、それは動作を行う指も動作を支える指も同じになってしまうからです。

すらすらと字を書くためには小指側の筋肉をしっかりした状態にした上で字を書き続けることがポイントになります。

からだの使い方① | ゆめとわのblog

どういう事かというと、

図解 [小指を握ることで小指球が収縮し、細かい作業がスムーズにできる]

筋肉の仕組みには、一方が収縮すると他方が解放される連動作用があります。つまり、小指側を軽く曲げると、親指と人差し指の動きが軽やかになるんですね。

作業をするのは親指と人差し指の役割ですが、つかんだものを安定させるのは小指の働きです。

そう考えますと、あまり大した役割はしていないように見えてしまう小指が、実は非常に重要な働きをしていると言うことができます。

からだの使い方① | ゆめとわのblog

それぞれの指には得意とする役割があります。

各指が得意とする役割

親指・人差し指・中指は…
[つまむ][動かす][操作する]
細かい作業が得意
中指、薬指・小指は…
[握る][支える][安定させる]
力を出す働き・サポートが得意
例:小指を握ると手首が安定し、線がブレない。

各指に備わった機能を理屈として知っておけば、ペンを握りしめたくなる気持ちも少しは和らぐのではないでしょうか。

変な持ち方・指の痛みが直る「矯正グッズ」

「覚えることが多くて全然上手くできないよ」という方は、児童向けに開発された「持ち方矯正器具」を使ってみてください。

大人でも普段使いできるモノを中心に選びました。

ペンだこの痛みを和らげる「プニュグリップ」

ペンの持ち方を矯正できるプニュグリップ

プニュグリップの取扱説明

筆圧が強く指が疲れやすい人向けの矯正グリップです。

浅く窪んだミゾに指を添えると正しくペンが持てるようになり、グミのような弾力があって握るとプニプニした感触があります。

プニュグリップをボールペンに装着した状態

鉛筆用のグリップですが、細身のノック式ボールペンシャープペンにも装着が可能です。

プニュグリップを装着したときのペンの持ち方

握りしめによる指の痛みが緩和され、集中力が長続きします。

自然と筆圧が弱くなる万年筆「カクノ」

プニュグリップは画期的な持ち方矯正器具ですが、ペンをぎゅっと握りしめる癖までは矯正しにくいのが難点です。

入門用万年筆「カクノ」

この記事で紹介した「正しい持ち方」と「ふんわり筆記」を同時に習得できる矯正器具としては、パイロット万年筆「カクノ」を推奨します。

万年筆は、ペンの重みで字が字が書ける筆記具です。

紙を撫でるようなふんわりした書き方でも線は掠れず、メリハリのある字が書けます。

私の場合は、万年筆にも似たデスクペンに出会ったことで、"力を入れなくてもサラサラと書ける"書き心地を知りまして。

それを機に中指の痛みはおさまり、軽度のペンだこ持ちでしたが、自然に目立たなくなったのは嬉しい出来事でした。

万年筆カクノで実際に書いた様子

(日常筆記に使える字幅はEF(極細)がオススメ)

カクノで書いたとき、筆圧に応じてペン先はたわみ、クッションの役割を果たしてくれます。

書き疲れしにくく、長時間にわたってペンを持ち続ける受験生にも使ってほしい1本です。

字が楽に書ける下敷きもちゃんと使ってますか?

硬筆用ソフト下敷き「NO.1304」

筆圧による指の痛みを和らげるもっとも手軽な方法は、柔らかい素材を使用した硬筆用のソフト下敷きを使うことです。

ペン先がわずかに沈み込むクッション感があるおかげで、指先への負荷を軽減できる他にも、線が掠れにくく冴えた字になるメリットがあります。

紙の下にただ敷くだけで効果が表れるのですから、使わない手はありません。

あとは実践あるのみです

良くない持ち方だと自覚している人にとっては、普段使っていない指先の腱を酷使するため、指がつります。

私の場合、小指に繋がっている筋肉が特に痛かったです。

最初はへろへろな文字になって違和感がありますが、こればかりは仕方ないです。ここが踏ん張りどころと思って忍耐強く続けてみてください。

指の痛みの主導権を握り、握りしめる癖をその都度リセットできるようになると、正しい持ち方による恩恵を強く感じるはずです。

大丈夫です。自転車や逆上がりの練習と同じ要領だと思えば、きっと身につきます。

↑クセ字にお悩みの方はコチラの処方箋をどうぞ

出典

コメント

  1. 山田 より:

    うたさん、早速のお返事ありがとうございます。

    まさにおっしゃるとおりです!
    体の中心で筆記していました。
    今まで、ペンの持ち方しか意識しておらず、手の位置は盲点でした。
    早速書く位置を右側にずらしたところ、問題が解消されました!

    的確なアドバイス、本当にありがとうございます。
    誰に相談しても、そんな細かいこと気にしていないと一蹴され
    途方に暮れていたので、こんなにも親身な回答を頂き感謝しかありません。

    今まではそれなりの字を書ければ、ペンの持ち方は妥協していましたが
    小指の第一関節のメリットを伺った今、正しい持ち方を追求していきたいと思います。
    そして、ごまかしが利かない楷書を美しく書けるよう、日々精進していきます。

    今後も、うたさんのホームページを参考にさせていただきます。
    ありがとうございました。

  2. うた うた より:

    >>山田さん

    解決の方向に向かってよかったです。

    山田さんにとって快適な持ち方に少しでも近づけるといいですね。
    また何かありましたらお気軽にご相談ください。

  3. 乙女さん より:

    とても分かりやすく、本当ーに!
    持ち方の悩みが解決しました。
    青山先生の書籍はいくつか持っていましたが、どうしても自分的にしっくりこない。長く書くと指が疲れてました。
    人差し指は、ナビゲーター。
    特に、小指をくっと曲げて力を入れる。
    と言う点に感動すら覚えました。
    ペン習字通信講座を受講しているのですが、手の腹に卵1つ握るくらいに空間を作ると言うのがよくわからなったんです。
    小指に力を入れると、手のアーチがしっかり出来て、指先の機能が発揮されます。これは、所謂、足で言うところの土踏まず。足のアーチと同じ理論。
    普段、リハビリの仕事をしてまして、如何に上手く身体を使うかと言うことを生業としています。扁平足は、足腰の疾患を誘発する1つの原因です。アーチがしっかりないと足の指もキチンと機能しません。
    そうか!手もそうだ!
    スッキリとした気持ちで、書に臨めます。
    ありがとうございました

  4. うた うた より:

    >>乙女さん
    コメントありがとうございます。

    リハビリや理学療法といった"身体の動かし方"に造詣が深い方は、
    「もしかして、こういうコトなのでは」と
    点と点の知識がつながりやすく、飲み込みも早いのかもしれませんね。
     

    腑に落ちるきっかけになったようで何よりです。

  5. あめだま より:

    私は中学生なんですが、小学生のころからペンだこに悩まされていて、手も痛くて字も綺麗に書けなくてとても困り果てていました。
    くもんで鉛筆の使い方や習字を親が習わせてくれたんですが、申し訳ないことになかなかしっくりきませんでした。
    他にもお小遣いで字の本を買ったり、宿題をしたりノートを書いたりする時に意識したりと色々と試して見たんですが…。
    そんな時にネットで「シャーペン(鉛筆)の持ち方」と検索したらこのページが出てきました!
    ここに書かれていた内容を実際に試してみたらなんだかしっくりきた気がします!
    本当にありがとうございました!

  6. うた うた より:

    >>あめだまさん

    >なんだかしっくりきた気がします!
    この"しっくり感"はとても大事なポイントだと思います。
     

    この記事で紹介しているペンの持ち方は、
    「そんなに力を込めなくても字は書ける」
    という事実を体感できる見本例に過ぎず、

    あめだまさんにとっての快適な持ち方となると
    まだすこし微調整が必要かもしません。

    ご自身の中のフィーリング(しっくり感)をもとに
    ・ふんわり持ったときの力加減
    ・小指への力の入れ具合 など
    いろいろ調整してみてください。

    いつまでも快適に書ける"ぴったりな持ち方"
    見つかるといいですね。