きれいな字を書きたい

美文字になれるコツを集めました

クセ字の悩みが少しでも和らぐ処方箋をいくつか用意しました。

読みながら実践してもらえれば、普段の3割増しくらいはキレイな字が書けるようになるはずです。

このカテゴリでは、年齢相応の書き方が身につく美文字のコツを紹介します。

美文字の書き方とコツ

【見本あり】意識するだけで3割増しきれいな字を書く方法
あなたの個性はそのままに、ちょっとした改善で美文字になれるコツを伝授。
【美文字の下地づくり】字がきれいに書ける線のトレーニング3選
カタツムリを書く練習できれいな線が書けるトレーニング法について解説。
その字が読みやすいと感じる5つのポイント
手書きによる文章が整って見える5つの気配りについて。

ペンの持ち方を改善

正しいペンの持ち方について調べてみた
持ち方を見直すことで見た目が美しく軽やかなペン運びが出来るようになります。

硬筆書写のお試し練習【手本の無料ダウンロード】

印刷して使える手本シートを作成しました。A4用紙に印刷して使えます。

書写の基本が身につくお手本シートの使い方
書写が上手く出来ない人のための練習マニュアルです。

※以下のコンテンツは、加筆・修正予定です(伝わりやすさが欠けています)↓

4つのステップできちんと書けるペン習字練習法

私が実践している書写の練習法について、順を追って解説します。

  1. 手本の見方
  2. 手本を見ながら真似る
  3. 手本と自分の書きぶりを見比べる
  4. 手本なしでもう一度書く

お家で美文字を目指す人のための道先案内

教室には通わずに正しく整った文字を身につける方法を”ミニ冊子”風にまとめました。

  1. 習うなら「書道」と「ペン習字」どちらがいい?
  2. 2つに分かれるペン習字の上達ルート
  3. お気に入りの硬筆手本を見つける方法
  4. 自宅でペン習字を習う4つの方法

きれいな字を書くための条件

美文字が書けるようになる理屈はとてもシンプルです。

  • 書きたい文字の形をはっきりと想像できること。
  • イメージした文字の形を忠実に再現できること。

開口一番「それが出来たら苦労しないよ!」とでも言いたくなる理不尽なセオリーなのですが、書字上達の根底にあるのは「記憶の書写」「次の一画が見える書写」にあると私は考えています。

この真理をどのように捉えるかによって学び方は工夫できますし、その人に合った練習法も見えてきます(手を動かし続けることだけが唯一の上達法ではないんですね)。

カテゴリ内で紹介した美文字のコツをきっかけに、上達の糸口が見つかることを願っています。

スポンサーリンク

シェアボタンから、この記事の情報をおすそ分けできます